シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. オンラインイベント「国際協力の現場から」Vol.6 新型コロナウイルスが与えた影響~ネパールの子どもたちの今

オンラインイベント「国際協力の現場から」Vol.6 新型コロナウイルスが与えた影響~ネパールの子どもたちの今

2020.11.6   イベントネパール

オンラインイベント「国際協力の現場から」Vol.6 新型コロナウイルスが与えた影響~感染拡大が続くネパールの子どもたちの今

新型コロナウイルス(COVID-19)は、世界各地に影響を与え、国際協力の現場にも変化をもたらしています。感染拡大の影響を受け、学校が閉鎖されたり、子どもたちの教育の機会を守り、教育格差を是正するために活動を続けています。シャンティが活動している海外の国際協力の現場とオンラインでつなぎ、日々活動している職員から活動の様子やそこで暮らす人々の生の声をお伝えします。

オンラインセミナーの第六弾は「ネパール」です。

ネパールでは、2020年9月末までに新型コロナウイルスの感染者数が7万7000人を超え、隣国インドからの出稼ぎ労働者の帰国が感染拡大の要因の一つに挙げられています。政府は首都を中心に厳しいロックダウンを実施し、経済的に大きな打撃を受け、特に貧しい人々の生活が困窮しています。コロナ禍のネパールの状況や子どもたちの教育への影響、それに対するシャンティの取り組みについてネパール事務所のスタッフよりお伝えいたします。

【ご案内】Peatixからイベントにお申し込みくださった皆さまへ

シャンティ国際ボランティア会がイベント申込等で使用しているPeatixにて、第三者による不正アクセスがあったと発表がありました。

これまでPeatixを利用されたことがある方は、お手数おかけしますが上記の案内ページをご参照いただき、パスワードの変更や再設定などのご対応をお願いいたします。

イベント概要

日時 2020年11月28日(土)14:00~15:00
参加費 無料
※寄付チケットによるご寄付を歓迎しております。
チケットサイト「Peatix」からお申し込みください。
定員 90人(先着順)
締切 2020年11月25日(水)17:00
配信 オンライン配信(Zoom、YouTube)
主催 公益社団法人シャンティ国際ボランティア会

登壇者

ビノット・ダス・グルン

  • シャンティ・ネパール事務所 プログラム・マネージャー。ネパール東部のダンクタ郡出身。12人兄弟の10番目で、兄弟の中で唯一大学まで進学。大学で教育学、ネパールの大学院で人類学、ドイツの大学院で持続的な環境管理について学ぶ。好きなことは「旅行」。教育に携わることは「働くこと」以上の特別なものを自身に与えてくれるものだと思っています。
  • ネパール事務所 ビノッド

三宅 隆史

  • シャンティ・ネパール事務所 所長。広島県広島市出身。1994年シャンティに入職、海外事業課長、ミャンマー(ビルマ)難民支援事業事務所、企画調査室長、事務局次長、アフガニスタン事務所長、タイ事務所アドバイザーなどを経て、2017年よりネパール事務所長。教育協力NGOネットワーク(JNNE)事務局長、開発教育協会理事。
  • ネパール事務所 三宅隆史

 

当日プログラム

セミナー(14:00~15:00)
1.開会挨拶・趣旨説明など
2.ネパールのコロナの状況、ロックダウン、街の様子について
3.コロナ禍に実施した緊急支援について
4.ネパールで作成した紙芝居の実演映像を上映
5.コロナ禍での事業の大変さ、やりがい、今後のチャレンジ
6.質疑応答

※申込は締め切らせていただきました。

配信について

▼Zoom(※要事前申込)

お申込みいただいた方に、イベント前日までにPeatixの登録メールアドレス宛にZoomミーティングのURLとID・パスコードを連絡いたします。
※メールが届かない場合、迷惑メールフォルダに振り分けられていないかご確認ください。

▼YouTube(※申込不要・ライブ配信)

当日の様子はYouTubeでご覧いただけます。
※当日、イベント内容に関するご質問の受付と当日資料の配布は、事前にお申込みいただいたZoom参加者のみとさせていただきます。

【イベントに関する問い合わせ先】

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
広報・リレーションズ課 MAIL:pr@sva.or.jp

シャンティの「新型コロナウイルス」に関する取り組みについて

新型コロナウイルスの影響で、途上国では多くの子どもたちが学びの機会を奪われています。アジアの子どもたちを脅威から守り、彼らにとって貴重な学びの場を守るため、シャンティでは「新型コロナウイルス」緊急支援事業を行っています。アフガニスタンで感染予防のための啓発活動を行ったり、カンボジアやミャンマー(ビルマ)難民キャンプでは、新しい生活様式が求められる中での図書館活動などに取り組んでいます。日本でも、ひとり親家庭や生活困窮家庭、外国ルーツの家庭、災害被災地域の家庭の子どもたちの心のケアのため、学習キットや絵本などを配布しています。

ぜひ、子どもたちの命と学びを守る新型コロナウイルス緊急支援事業へのご支援もよろしくお願いします。

新型コロナウイルス緊急支援事業へのご協力のお願い

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。