シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. アフガニスタン緊急救援事業「クナール県における国内避難民・帰還民への教育及び水衛生支援事業」のご紹介(アフガンCOVID-19 No.8)

アフガニスタン緊急救援事業「クナール県における国内避難民・帰還民への教育及び水衛生支援事業」のご紹介(アフガンCOVID-19 No.8)

2020.11.27   アフガニスタン東京事務所より緊急救援

こんにちは。海外緊急救援を担当している芦田です。

今回は、2020年3月よりアフガニスタンで実施中の「クナール県における国内避難民・帰還民への教育及び水衛生支援事業」のご紹介をさせていただきたいと思います。

シャンティは、アフガニスタンのクナール県で、紛争や災害によって困難な状況に陥っている子どもたちへ教育の機会や水衛生サービスへのアクセスを確保し、安全な学校に行くことにより、児童虐待、児童労働、子ども兵などのリスクを軽減するために活動しています。

その中でも、本事業の活動の重要な役割を担っている学校運営委員会School Management Committee (SMC)に関してご紹介させていただきます。本事業では、様々な立場の方々から意見をいただき、それらを事業に反映していくためにSMCを設置しています。メンバーには教育局、校長、教師、生徒、親の会(PTA)、コミュニティリーダー などの方々に参加していただいています。

1
SMC会合の様子

  • SMCの役割

SMCメンバーは、本事業で建設している仮設教室や水衛生施設の設置工事のモニタリングなどにも参画しており、施設設置工事においても重要な意見を私たちに提供してくれています。そのほかにも、SMCメンバーは様々な研修へも参加しており、事業完了後に、これらの施設などを維持していくための主体的な役割を担っていくことが期待されています。

2
仮設教室設置工事の様子

3
女性用トイレ設置工事の様子

本事業におけるすべての活動は、新型コロナウイルスの感染予防に十分に配慮し、実施しています。SMCメンバー、事務所スタッフ、および建設工事などに関わっているスタッフに対して、マスクや消毒液などを配布し感染予防に配慮しています。アフガニスタン国内においても、未だ予断を許さない状況ですが、一日でも早く支援を届けるために、緊急支援の手を止めることなく現地では必死の活動が続いています。

 

弊会では募金を受け付けています。

♦募金受付中♦〈手数料無料〉

郵便振替:00150-9-61724
加入名者:公益社団法人シャンティ国際ボランティア会

*払込取扱票の通信欄に「アフガン緊急」と明記して下さい
*備考欄に「免」と明記して下さい(窓口で手続きした場合、払込手数料が免除されます)

■本件に関するお問い合わせ先

公益社団法人 シャンティ国際ボランティア会 担当:地球市民事業課  栗本・芦田

〒160-0015東京都新宿区大京町31慈母会館3F
TEL:03-6457-4586 FAX:03-5360-1220 E-mail:eru@sva.or.jp

当事業はジャパン・プラットフォーム(JPF)からの助成を受けて、アフガニスタン人道支援危機対応支援プログラムの一環として実施されています。

海外緊急救援担当 芦田

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。