シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 新型コロナウイルス

新型コロナウイルス

Practice story tely_200518_0004

難民キャンプ図書館での新型コロナウィルス対応

2020.5.19   ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ /   

こんにちは。ミャンマー国境支援事業事務所の山内です。タイ・ミャンマーの陸路の国境は常に物流や移民の移動があることから、新型コロナウィルスの影響を考慮し、今は閉鎖されています。事務所職員や私も状況に合わせて、在宅勤務を取り入れているところです。 このような中で、心配になるのは難民キャンプの状況です。...

金銭や食 料 、 生活 資材などを 探し求める 青年 たち

一日でも早く届けたい、サラーム、平和からはじまる支援 (アフガンCOVID-19 No.4)

2020.5.16   アフガニスタン寄付募集中緊急救援 / 

みなさん、こんにちは。国内緊急救援担当の荒川と申します。普段は国内での活動に従事していますが、この度、アフガニスタンの新型コロナウイルス対応緊急支援事業を担当することになりました。 この事業は、アフガニスタンの東部、ナンガハル県にて、イランやパキスタンに難民として逃れた後、アフガニスタンに戻っ...

エセ、ホイネ2013

「希望の家」よりメッセージ

2020.5.15   クラフトエイド東京事務所より / 

こんにちは。クラフトエイドです。 おうち時間が続いていますが、みなさんいかがお過ごしですか? 東京はもう初夏のような気候になりました。在宅勤務中はうっかりすると一歩も外に出ずに一日が終わってしまうので、休憩時間にちょっと太陽を浴びて気分転換をしています。 おうち時間を過ごしているのは日...

20190917_095153

緊急救援・新規事業の紹介および新型コロナウィルス感染予防研修(アフガンCOVID-19 No. 3)

2020.5.8   アフガニスタン東京事務所より / 

みなさん、こんにちは。今年4月から海外救援担当職員として入職しました、芦田雄太と申します。現在は同年3月から開始された「クナール県における国内避難民・帰還民への教育及び水衛生支援」という事業を担当しています。 この事業はアフガニスタンのクナール県で、紛争や災害によって困難な状況に陥っている子ど...

IMG_0005

ロックダウン中のルアンパバーン

2020.5.7   ラオス / 

皆様 こんにちは。 ラオスでは4月1日から施行されていた外出禁止令、所謂ロックダウンが今週から部分的に解除されました。行政機関や民間企業、我々のような団体も事務所での勤務が許可されましたので、ラオス事務所の職員もローテーションを組んで出勤しています。 ラオスで最初にコロナウイルスの感染者...

tomcat1569_TP_V

1か月間の在宅勤務で気が付いたメリット・デメリット&おすすめのリフレッシュ法を紹介

2020.5.5   東京事務所より / 

皆様、緊急事態宣言下でどのようにお過ごしでしょうか?   私(事業サポート課黒田)は4月7日の第一回緊急事態宣言の発出前後から在宅勤務を始め、約一か月が経過したところです。 これまでの人生で一度も長期的な在宅勤務をしたことがなかったため、いろいろと気づかされることが多い一...

IMG_6536

ステイホームと手仕事

2020.5.3   クラフトエイド東京事務所より / 

皆さん、こんにちは。クラフトエイドです。 「ステイホーム週間」という新しい名前の付いたゴールデンウィーク。皆さんどのようにお過ごしでしょうか? 初めてのステイホーム週間、私は今までやろうと思ってはなかなか手を付けられなかった、お裁縫を進めようと思っています。 写真:タイのシーカーア...

本で寄付するプロジェクト

外出自粛の今だからこそ「本で寄付するプロジェクト」へご参加ください

2020.5.1   もので寄付するプロジェクト / 

新型コロナウイルスの影響で、2020年のゴールデンウィークは遠出ができず残念だ!というあなた。 「ステイホーム」が呼びかけられ、外出自粛中の今だからこそ、家の中を整理してみませんか? 本を整理する寄付に 家の中の片づけまずは手が付けやすいところと言えば、本棚ですよね。外出自粛中に読み終...

Handover at District Health Office by Parliament Member Mr. Narayan Khatiwada

医療従事者の防護具と医療品を配布しました

2020.4.29   ネパール緊急救援 / 

ナマステ。ネパール事務所長の三宅隆史です。ネパールではコロナウィルス感染者が5名だった3月24日からロックダウン(外出禁止令)が始まりました。理由は、医療システムが脆弱なことと感染者が多い欧米や中東、インド等で就労していた50万人ものネパール人が職を失い、帰国したためです。ロックダウンから36日たっ...

写真2

緊急救援事業の識字教室および縫製教室活動(アフガンCOVID-19 No. 2)

2020.4.28   アフガニスタン緊急救援 / 

海外緊急救援担当の柴田です。 2019年6月から実施してきましたアフガニスタンでの緊急救援事業が、2020年6月中旬に事業の終了日を迎えようとしています。 そのような中、新型コロナウィルスの発生に伴い、裨益者や活動実施者の感染予防に配慮しながら、活動を行う必要性あります。 シャンテ...

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。