シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ

DSCF3418

新婦が婚家へ持参する「グシュトフィルとハジャール」アフガニスタンのおやつ

2021.1.25   アフガニスタン / 

サラーム!(こんにちは!)アフガニスタン事務所で学校建設事業課に所属し、現場監督を担当しているハシュマットです。アフガニスタンの伝統的なお菓子をご紹介します。 新婦が婚家へ持参する「お土産」 グシュトフィルとハジャールは、アフガニスタンの東部地域、首都のカブールやマザリシャリフ、ヘラート...

P2140370

タイ・ミャンマー国境での約3年。感じた人のチカラ

2021.1.24   ミャンマー国境ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ

こんにちは。ミャンマー国境支援事業事務所の山内です。 今回少しだけ自分の話をさせて頂くと、私は2018年からタイ・ミャンマー国境の難民キャンプ、そして帰還民受入れ村での活動に関わってきました。今年でタイ・ミャンマー国境との関わりは3年目を迎えた訳ですが、2020年から広がる新型コロナウィルスの影響...

在日外国人イラスト_20210123

私が外国ルーツの人々の支援に携わる理由

2021.1.23   東京事務所より

この度、地球市民事業課で国内の外国ルーツの子ども支援担当になりました加藤由里子と申します。 現在シャンティでは、NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワークと協働で、東京都豊島区の外国ルーツの子どもたちを中心に、オンライン居場所の活動を実施しています。 詳しくはこちらをご覧ください(http...

Pre-Interview

アフガニスタン緊急救援事業「クナール県における国内避難民・帰還民への教育及び水衛生支援事業」の進捗報告

2021.1.22   東京事務所より

サラーム! 今回は、前回のブログの続きとして、現在実施中の「クナール県における国内避難民・帰還民への教育及び水衛生支援事業」の進捗報告をさせていただきます。 衛生研修を行いました! 事前インタビューの様子 調査結果を踏まえて、昨年の12月、衛生管理者向けに、衛生研修を現地の学...

表紙_page-0001 (1)

世界の絵本を読んでみよう「アリとオウム」ミャンマー

2021.1.21   ミャンマー / 

シャンティ国際ボランティア会は、良質な本が少ないアジア各国・各地域で独自に制作した絵本を出版しています。子どもたちに質の高い絵本を提供できるよう、現地の作家やイラストレーターを対象とした専門家による研修を実施したり、少数民族たちに口頭で伝承されてきた民話などを絵本にまとめる活動を行っています。 ...

情報収集

こっそり教えます、NGO職員の情報収集方法

2021.1.20   スタッフの声東京事務所より

皆さま、こんにちは。2020年5月より事業サポート課に入職した松本と申します。現在はミャンマー事業を東京からサポートする立場で仕事をしています。 私は以前よりNGO職員になることを目指して色々なNGOに関する情報を集めていたのですが、どうしても解決できない疑問がありました。それが「NGO職員は...

532e0ab00c204df3a1bf7579f6e3d3a2

学校再開のための感染予防物資を配布しました

2021.1.19   ネパール

ナマステ。ネパール事務所長の三宅隆史です。ネパールでは昨年3月中旬から学校閉鎖が始まり、3月下旬には、全土でロックダウンが施行されました。7月下旬に全国レベルのロックダウンは解除されましたが、自治体独自の判断でロックダウンは続きました。11月より自治体の判断で徐々に学校を再開できるようになり...

Screenshot (200)

リモートワーカーの独り言

2021.1.14   ミャンマー

2021年早々、日本では緊急宣言が発令中ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。今日はミャンマー事務所より浅木がブログをお届けします。 ミャンマー事務所からといっても、私は日本から遠隔でミャンマー事務所での事業調整をしています。シャンティ入職以来、担当していたアフガニスタンも含めるとかれこれ約...

ナイトマーケット

知られざる新型コロナ感染対策成功国、ラオス

2021.1.12   ラオス

皆様、明けましておめでとうございます。 ラオス事務所の玉利です。 この年末年始は新型コロナの影響で、皆様におかれましては大変な時期をお過ごしかとお察しいたします。一日も早く感染が収まる事を願っています。 日本及び世界で猛威を振るっている新型ウイルスも、幸いラオスにはさほど浸透していませ...

古新聞と私とシャンティ ちょっと青森

古新聞と私とシャンティ、ちょっと青森 「入職のご挨拶」

2021.1.11   スタッフの声

「文字を読めることがこんなに素晴らしいなんて知らなかった・・・」 厳しい境遇の中で一冊の本を手にした子ども。 幼き日に教育の機会を奪われながらも必死に文字を学ぶお年寄り。 この言葉からはそんな遠い国の誰かが思い浮かぶかもしれません。 でも実はある日の私が、心の底から思ったことでした。...

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。