• TOP
  • トピックス
  • 活動内容
  • 【令和元年台風19号(東日本台風)】子どもの居場所の調査研究報告書がまとまりました
2022.06.01
緊急人道支援

【令和元年台風19号(東日本台風)】子どもの居場所の調査研究報告書がまとまりました

事業終了
水害

2019年10月、長野県を横断した台風19号は、千曲川の決壊など甚大な被害がもたらしました。シャンティでは、チャイルド・ファンド・ジャパンと連携し、子どもや高齢者の方々を中心とした被災者支援を行いました。長野市で子ども支援を行うながのこどもの城いきいきプロジェクトと協働した子どもの居場所づくりや学習スペースの運営、高齢者の方の心のケアを目的とした傾聴サロンの運営を行ったほか、浸水により児童書が1,000冊以上失われてしまった図書館への本の寄贈支援なども行いました。
詳しくはこちらを参照ください。

緊急支援は、短期的な活動に集中してしまい、振り返りや評価が難しくなりがちですが、今後の支令和元年東日本台風 調査検証報告書援活動につなげるためにも、振り返りや評価は重要です。そこで今回は、チャイルド・ファンド・ジャパンと当団体とで検討して、第三者による客観的な検証を実施することとしました。

本調査研究は、長野県立大学の皆さまにお願いさせていただきました。研究中に新型コロナウイルス感染症のまん延という想定外の事態も重なり、様々な困難があったかと思いますが、このたび、以下のように報告書をまとめていただきました。この場を借りて感謝申しあげます。

令和元年東日本台風 調査報告書

昨今も全国各地で水害等による被害が多発しており、緊急・復興支援は引き続きの課題です。今回の調査研究を今後の支援活動に生かすとともに、様々な団体の緊急・復興支援活動にも役立つことを願っています。