2022.04.07
あなたにできること

『もので寄付』よくある質問にお答えします

もので寄付
書き損じはがき

『もので寄付するプロジェクト』は不要になったお品物や書き損じはがきなどをお譲りいただいたのち換金、または再利用され、アジアの子どもたちの教育支援活動に生かされる仕組みです。

今まで多くの方にお品物をお譲りいただき、アジアの子どもたちの笑顔に繋がっています。心より御礼申し上げます。
笑顔の子ども_もの寄付よくある質問
写真:川畑嘉文

『もので寄付するプロジェクト』では「本」「商品券・金券」「お宝エイド」の3つの支援プログラムがございます。
今回は「商品券・金券」と「お宝エイド」について寄せられた質問にお答えしていきたいと思います。

「もので寄付」よくあるQ&A

Q1:送った品物がそのまま支援国で使われるのですか?
A1:いいえ、お品物は提携企業により査定・換金されたのち活用されます。切手など一部のお品物は額面最大限に活用するため、そのまま使われる場合もあります。

Q2:『集めているもの』の中に外貨紙幣(米ドルやユーロなど主要通貨のみ)とありますが、具体的にどこの通貨ですか?
A2:お送りいただける通貨は下記の17ヵ国です。

米ドル、ユーロ、英ポンド、カナダドル、スイスフラン、スウェーデンクローネ、デンマーククローネ、ノルウェークローネ、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、インドネシアルピア、韓国ウォン、中国元、香港ドル、マレーシアリンギット、シンガポールドル、タイバーツ

※該当国のものでもコインは受け付けておりません。

Q3:「集めていないもの」の中に「使用済みのテレホンカード」とありますが、残高のあるカードは送ってもよいですか?
A3:1度でも使用したもの(穴のあいたもの)はお送りいただけません。

Q4:かなり古いハガキや切手なのですが、送ってもよいですか?
A4:はい、大丈夫です。未投函・未使用の郵便はがき・切手であればいつの時代のものでもお送りいただけます。

Q5:領収書は出してもらえますか?
A5:申し訳ございません。『もので寄付するプロジェクト』へのご支援は寄付金控除(税制上の優遇措置)の対象外のため、領収書を発行することができません。
※領収書について詳しくはこちらをご覧ください。

Q6:洋服は集めていますか?
A6:衣類・古着は受け付けておりません。

もの寄付よくある質問
写真:川畑嘉文
今回は6つのよくある質問にお答えしましたが、ほかにも(これは送ってもよいの?)と判断にお困りの際は、シャンティと提携しているお買取り屋さん「お宝エイド受付センター・東京」へお電話でお問い合わせください。
「お宝エイド受付センター・東京」TEL:03-6265-7595

また、もので寄付するプロジェクトについて詳しくはこちらのページでご案内しています。

ずっと使っていないお品物が実はお宝かもしれません。部屋のお片づけ、お引越しなどの機会にぜひ「もので寄付するプロジェクト」をご活用ください。
広報・リレーションズ課 山田