What we do / シャンティの活動内容

国内での活動

  1. ホーム
  2. 活動内容
  3. 国内で参加できるプログラム

シャンティは、東日本大震災被災者支援として、東北3県(岩手、宮城、福島)で活動してきました。

気仙沼事業
「つながる人の和 復興プロジェクト気仙沼」

震災の翌月、2011年4月15日に気仙沼事務所を開設し、2016年5月末まで5年間に渡り、「子ども」「まちづくり」「漁業」の支援を通じて、気仙沼市での復興支援に取り組んできました。

詳しくはこちら

移動図書館事業
「走れ東北!移動図書館プロジェクト」

震災により、多くの図書館が深刻な被害を受けた岩手・宮城・福島の東北3県で、仮設団地を巡回する移動図書館活動を行ってきました。本のチカラで、不安な気持ちをやわらげ、生活に必要な情報を届け、自由に交流できる場づくりをサポートしてきました。

詳しくはこちら

福島事業

福島事業では「南相馬に暮らす人々が心穏やかに過ごせること」を目指しています。集いの場づくりや、地域の魅力を再発見するお手伝いをしています。そして、被災地と呼ばれた地域が孤立せず、地域外から関心が寄せられる状況を作り出したいと思っています。

詳しくはこちら

東日本大震災被災者支援活動の記録誌を出版

まちづくり支援に居場所づくり・学習支援、そして移動図書館と、様々な支援活動に携わったスタッフ・協力者は支援を通じて何を感じたのか。支援者一人ひとりの息遣いから人生観の変遷までを綴った、東北に寄り添い続けたシャンティ6年間の軌跡をまとめた記録誌です。

試練と希望 東日本大震災・被災地支援の二〇〇〇日

発行:明石書店(2017年11月)
編集:公益社団法人シャンティ国際ボランティア会

第1章 緊急救援はこうして始まった
第2章 つながる人の和 復興プロジェクト気仙沼
第3章 走れ東北! 移動図書館
第4章 黄色いバスがやってきた!――宮城と福島の移動図書館活動
第5章 これだけは伝えたい12の視点

東日本復興支援に関するブログ記事はこちら

  • scoreboard

    かれら世紀の朝を行く

    2018.2.20  東日本復興支援

    小高図書館の棚に置かれていた、南相馬市立小高中学校の記念誌『われら世紀の朝を行く』を借りてきました。 2018年1月に発行されたばかり。 小高、福浦、金房という地域に3校あった中学校の開校70周年、そしてその3校が小高中に統合され45周年にあたってまとめられたもの。記念誌らしく、統合後の...

  • IMG_0228

    【東日本大震災】「東北に、よりそって」製作まっただなか!

    2018.2.12  東日本復興支援

    こんにちは、事業サポート課の木村です。 「今日も寒いですね」が毎日の挨拶になるような気候で、暖かい春が待ち遠しいですね。 東京事務所は、この時期はどの部署も忙しい日々が続きます。経理担当は決算に向けて、クラフト担当は新しいカタログの作成に、「絵本を届ける運動」の担当者は海外事務所への絵本出荷...

  • 子どもたちと図書館車の塗り替え

    移動図書館車の新たなスタートを応援

    2018.2.10  東日本復興支援

    1月22日、いまにも雪がふりそうな寒空の下で、そこだけは少しあたたかく感じられたのは、移動図書館車の車体に描かれたライオンの色使いのおかげでしょうか。 東日本大震災の被災地支援活動の一環として、2011年から岩手県、宮城県、福島県を走ってきた移動図書館車のうち一台を、南相馬市の家庭文庫「ちゅう...