What we do / シャンティの活動内容

国内での活動

  1. ホーム
  2. 活動内容
  3. 国内で参加できるプログラム

シャンティは、東日本大震災被災者支援として、東北3県(岩手、宮城、福島)で活動してきました。

気仙沼事業
「つながる人の和 復興プロジェクト気仙沼」

震災の翌月、2011年4月15日に気仙沼事務所を開設し、2016年5月末まで5年間に渡り、「子ども」「まちづくり」「漁業」の支援を通じて、気仙沼市での復興支援に取り組んできました。

詳しくはこちら

移動図書館事業
「走れ東北!移動図書館プロジェクト」

震災により、多くの図書館が深刻な被害を受けた岩手・宮城・福島の東北3県で、仮設団地を巡回する移動図書館活動を行ってきました。本のチカラで、不安な気持ちをやわらげ、生活に必要な情報を届け、自由に交流できる場づくりをサポートしてきました。

詳しくはこちら

福島事業

福島事業では「南相馬に暮らす人々が心穏やかに過ごせること」を目指しています。集いの場づくりや、地域の魅力を再発見するお手伝いをしています。そして、被災地と呼ばれた地域が孤立せず、地域外から関心が寄せられる状況を作り出したいと思っています。

詳しくはこちら

東日本大震災被災者支援活動の記録誌を出版

まちづくり支援に居場所づくり・学習支援、そして移動図書館と、様々な支援活動に携わったスタッフ・協力者は支援を通じて何を感じたのか。支援者一人ひとりの息遣いから人生観の変遷までを綴った、東北に寄り添い続けたシャンティ6年間の軌跡をまとめた記録誌です。

試練と希望 東日本大震災・被災地支援の二〇〇〇日

発行:明石書店(2017年11月)
編集:公益社団法人シャンティ国際ボランティア会

第1章 緊急救援はこうして始まった
第2章 つながる人の和 復興プロジェクト気仙沼
第3章 走れ東北! 移動図書館
第4章 黄色いバスがやってきた!――宮城と福島の移動図書館活動
第5章 これだけは伝えたい12の視点

東日本復興支援に関するブログ記事はこちら

  • 「おだかの歴史」シリーズ本

    【南相馬】「町の歴史書」シリーズ完結

    2018.5.18  東日本復興支援

    一週間ほど前、聞き書き活動のお手伝いでおじゃました小高(南相馬市)のあるサロンで、「昔は、山のほうから町なかへ砂を運ぶトロッコが走っていた」という話をお聞きしました。子どものころ、砂を積んだトロッコに乗って町に遊びに行き、帰りはカラになったトロッコに乗って帰って来たのだそうです。 そんな話を聞...

  • ちゅうりっぷ文庫、今日は小高で開館中

    【南相馬】小高に向け、ちゅうりっぷ文庫号発進!

    2018.5.5  東日本復興支援

    2018年5月5日、子どもの日。晴天。 南相馬市の家庭文庫「ちゅうりっぷ文庫」が、この日初めて、普段活動している市内原町区を飛び出して、移動図書館車「ちゅうりっぷ文庫号」で小高区に向かいました。 ちゅうりっぷ文庫号には、絵本がいっぱい。子どもから大人まで楽しめます。小高区では、市立図...

  • べんけい

    【南相馬】味とともに受け継がれる土地の記憶

    2018.4.24  東日本復興支援

    以前、南相馬の農家民宿を訪ねた際、昼食のお品書きに「べんけい」と書いてあったのが気になって、後日、またその農家民宿を訪れたところ、「この前言ってたべんけい、取っておいたから」と食堂から持ってきてくださったことがありました。 べんけいは、南相馬市のローカルフードらしく、大根やニンジン、サトイモの...