What we do / シャンティの活動内容

国内での活動

  1. ホーム
  2. 活動内容
  3. 国内で参加できるプログラム

シャンティは、東日本大震災被災者支援として、東北3県(岩手、宮城、福島)で活動してきました。

気仙沼事業
「つながる人の和 復興プロジェクト気仙沼」

震災の翌月、2011年4月15日に気仙沼事務所を開設し、2016年5月末まで5年間に渡り、「子ども」「まちづくり」「漁業」の支援を通じて、気仙沼市での復興支援に取り組んできました。

詳しくはこちら

移動図書館事業
「走れ東北!移動図書館プロジェクト」

震災により、多くの図書館が深刻な被害を受けた岩手・宮城・福島の東北3県で、仮設団地を巡回する移動図書館活動を行ってきました。本のチカラで、不安な気持ちをやわらげ、生活に必要な情報を届け、自由に交流できる場づくりをサポートしてきました。

詳しくはこちら

福島事業

福島事業では「南相馬に暮らす人々が心穏やかに過ごせること」を目指しています。集いの場づくりや、地域の魅力を再発見するお手伝いをしています。そして、被災地と呼ばれた地域が孤立せず、地域外から関心が寄せられる状況を作り出したいと思っています。

詳しくはこちら

東日本大震災被災者支援活動の記録誌を出版

まちづくり支援に居場所づくり・学習支援、そして移動図書館と、様々な支援活動に携わったスタッフ・協力者は支援を通じて何を感じたのか。支援者一人ひとりの息遣いから人生観の変遷までを綴った、東北に寄り添い続けたシャンティ6年間の軌跡をまとめた記録誌です。

試練と希望 東日本大震災・被災地支援の二〇〇〇日

発行:明石書店(2017年11月)
編集:公益社団法人シャンティ国際ボランティア会

第1章 緊急救援はこうして始まった
第2章 つながる人の和 復興プロジェクト気仙沼
第3章 走れ東北! 移動図書館
第4章 黄色いバスがやってきた!――宮城と福島の移動図書館活動
第5章 これだけは伝えたい12の視点

東日本復興支援に関するブログ記事はこちら

  • 当会より寄贈した移動図書館車

    南相馬の今 ~8か月ぶりの訪問~

    2018.4.11  東日本復興支援

    東京事務所の常務理事の市川斉です。 四月上旬、いわきから国道六号線を北上。福島第一原子力発電所の横を通り、八か月ぶりの南相馬入りしました。 [caption id="attachment_27887" align="aligncenter" width="579"] 国道6号線は、途中で、立...

  • 小高の本屋さん「フルハウス」

    【南相馬】作家の柳美里さんが小高に書店をオープン

    2018.4.10  東日本復興支援

    2018年4月9日(月)、南相馬市小高区に新しく本屋さんが開店しました。ご店主は、芥川賞作家の柳美里さんです。 お店の場所は、JR常磐線小高駅から歩いて5分ほどの場所。 食べ物屋、お魚屋、金物屋、コンビニ、どんなお店も商店街にとって大切ですが、本屋さんのあるなしもまた、まちの雰囲気を左右...

  • ひばりエフエムからのありがとう

    【南相馬】被災地を声で支えた「南相馬ひばりエフエム」閉局

    2018.3.29  東日本復興支援

    「ありがとうございました、あれ?」一度目は声が揃わず、もう一度。 「ありがとうございました!」 3月25日午後3時、スタッフたちの明るい声の響きを最後に、南相馬市の臨時災害放送局「南相馬ひばりエフエム」が放送を終えました。 東日本大震災発災から1か月あまり、2011年4月16日に開...