2022.10.31
開催予定

スラムに希望のともしびを求めた40年 プラティープ・ウンソンタム・秦先生 講演会

シャンティのつどい
タイ
周年
開催予定

メインビジュアル

シャンティ国際ボランティア会は、12月10日の設立記念日に、44年にわたってタイでスラムの子どもたちの教育支援をしてきたプラティープ・ウンソンタム・秦先生をお招きしたオンラインイベントを開催します。

プラティープ先生は、1952年にタイ最大のスラム、クロントイに生まれ、6歳の頃から路上で物売りとして働き始めました。「教育こそが生活を大きく変える原動力」と確信し、スラムで、親が働きに出ている間に子どもたちを預かって文字の読み書きなどを教え始めました。文房具などの費用として、親に1バーツを出してもらったため、住民たちは「1日1バーツ学校」と呼ぶようになりました。

こうした活動が評価され、プラティープ先生は1978年にアジアで社会貢献などで傑出した功績を果たした人に贈られるマグサイサイ賞(社会福祉部門)を受賞し、ドゥアン・プラティープ財団を設立。スラムの子どもたちの教育支援に取り組んでいます。ドゥアン・プラティープは、「希望のともしび」を意味します。

1978年、ドゥアン・プラティープ財団を設立

シャンティが、1984年以降タイ・バンコクのスラムで、人形劇などを通した移動図書館活動を始めるきっかけをつくったのが、プラティープ先生です。

講演会では、タイのスラムでの活動で得た経験や、多様化する今日のタイ社会が直面する課題を共有いただくとともに、NGOが果たすべき役割についてお話いただきます。シャンティ常務理事でありプラティープ先生のパートナーでもある秦辰也氏(近畿大学教授)が通訳を行います。

1986年にチュンポーン県、1996年にカンチャナブリ県で「生き直しの学校」を開設

イベント概要

日時 2022年12月10日(土) 15:00~17:00
※オンラインの受付開始は14:30
プログラム 第1部 講演会「タイ格差社会の今とNGOの役割について」
登壇者 プラティープ・ウンソンタム・秦 氏
通訳 秦 辰也 氏

第2部 トークセッション
登壇者 プラティープ・ウンソンタム・秦 氏
秦 辰也氏(登壇者兼通訳)
山本 英里

参加費 無料

※寄付チケットによるご寄付も歓迎しています。
※チケットサイト「Peatix」から、クレジットカードやコンビニ/ATM支払いで事前にお支払いをお願いします。

定員 250人(先着順)
締切 12月8日(木)12:30
配信 オンライン配信(Zoom)
申込者には、イベント前日までにメールでZoomミーティングのURLとID・パスワードをお送りします。(※メールが届かない場合、迷惑メールフォルダに振り分けられていないかご確認ください。)
主催 公益社団法人シャンティ国際ボランティア会

講演会へのお申込みはコチラから

チケットサイト「Peatix」からお申込みください。
イベント申込と同時に弊会の活動へご寄付いただける「寄付チケット」もご選択いただけます。

登壇者

プラティープ・ウンソンタム・秦 氏
ドゥアン・プラティープ財団事務局長。1952年、バンコクのクロントイ・スラム生まれ。スコータイタマティラート大学院政治学修士。夜間中学生の時に16歳で「一日一バーツ学校」を開設。1978年にラモン・マグサイサイ賞を受賞し、翌年ドゥアン・プラティープ財団を設立、事務局長に就任。2000年にはタイ初の公選となった上院議員選挙に当選し、2006年まで務めた。2021年4月、タイ日の関係強化の功績が認められ、旭日中綬章を受章。

秦理事

秦 辰也 氏 
近畿大学国際学部 教授、シャンティ国際ボランティア会常務理事。1984年から2008年までシャンティの専任スタッフとして活動。活動地での社会開発や人権等の問題にNGOの立場から関わる。SVAバンコク事務所長、アジア地域事務所長、事務局長、専務理事などを経て2008年より近大に入職、現在に至る。
登壇者

山本 英里
シャンティ国際ボランティア会 事務局長 兼アフガニスタン事務所 所長。2001年にインターンとしてタイ事務所に参加。2002年、ユニセフに出向しアフガニスタンで教育復興事業に従事。2003年より、シャンティのアフガニスタン、パキスタン、ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ、カンボジア、ネパールでの教育支援、緊急救援に携わる。アジア南太平洋基礎・成人教育協議会(ASPBAE)理事。2019年より現職。

登壇者

司会:高橋 彩 氏
NHK BS1「キャッチ!世界のトップニュース」 キャスター。
NHK新潟放送局にて夕方のニュースキャスターや中継リポーターなどを担当後、現在はTBSスパークル所属のフリーアナウンサーとして、放送局の垣根を越えて活動。