Who we are

シャンティとは?

どんな厳しい環境でも安心して学べる機会を。子どもたちが自分自身の手で、未来を創るために。

  1. ホーム
  2. シャンティとは?
  3. 出版物
  4. シャンティブックレットシリーズ

シャンティブックレットシリーズ

シャンティ ブックレット・シリーズは、シャンティの阪神大震災復興支援活動に関連した書籍です。

お問い合わせ

  • 『混沌からの出発-SVA阪神淡路大震災復興支援の歩み』

    • 編集・発行:(公社)シャンティ国際ボランティア会
      (旧称:曹洞宗国際ボランティア会 SVA)
    • A5判 144頁
    • 価格:945円

    目次

    • 内容(目次)
    • 1章 まずは現地へ飛べ
      • 1節 こうして緊急支援は始まった
      • 2節 救援活動の移り変わり
      • 3節 あの時を振り返る
    • 2章 がんばろう神戸-緊急から復興へ
      • 1節 復興支援への決断
      • 2節 仮の宿から見えたもの
      • 3節 訪問活動から識字へ
      • 4節 コミュニティ再生をめざして
      • 5節 被災地の問題は全国の問題
    • 3章 これだけは伝えたい10の視点
      • 1 鍵を握るのはボランティア・コーディネートである
      • 2 救援物資を第2の災害にしてはならない
      • 3 被災者とボランティアには心の溝がある
      • 4 地域性を理解して行動する
      • 5 ボランティア(救援者側)にも心のケアは必要である
      • 6 地元の人々や団体と連携する
      • 7 活動を始める際には、撤退の時期を念頭に置く
      • 8 行政だけに頼らず、市民相互の協力の輪を
      • 9 想像力を働かせて行動する
      • 10 救援活動は自らの実情に即した方法で
    • 4章 明日へのメッセージ
  • 『被災地に学ぶ「まち」の未来-阪神淡路大震災とまちづくり支援の歩み』(絶版)

    • 編集・発行:曹洞宗国際ボランティア会
      (現在は社団法人シャンティ国際ボランティア会 SVA)
    • A5判 74頁

    目次

    • 内容(目次)
    • 1章 阪神・淡路大震災と被災地の「まち」
      • 1995年1月17日の一瞬!
      • 被災したまち-人々はどこへ行ったのか-
      • 「まち」でがんばる、が今
      • なぜ「まちの復興」を問う必要があるのか
      • レポート1がれきから更地になった「まち」から
      • 兵庫商会代表取締役 田中保三
      • コラム1地域コミュニティと心と体
      • 神戸協同病院院長 上田耕蔵
    • 2章 SVAの全焼した「まち」への関わり
      • SVAの被災地域支援
      • 支援活動を通じて
      • 長期支援の模索へ
      • レポート2コミュニティ支援、海外の現場との共通性-スラム編-
      • SVA事務局長 秦辰也
      • コラム2地域コミュニティと地域経済
      • パラール名店会会長 上田司郎
    • 3章 被災地まち支援グループ「まちコミュニケーション」
      • グループの立ち上げ・側面支援を通じて
      • 被災地まち支援グループ「まち・コミュニケーション」の誕生
      • なぜ「まち」の支援だったのか
      • 「まち・コミュニケーション」の活動
      • 「まち・コミュニケーション」の独創性・存在の意味
      • 「まち・コミ」の1スタッフとして、被災地域に関わって感じたこと
      • まちの方々の笑顔にパワーをもらって
      • レポート3都市に住むということ?「まち・コミュニケーション」から見える可能性
      • まち・コミュニケーション代表 小野幸一郎
      • コラム3地域コミュニティと防災
      • 真野地区復興・まちづくり事務所所長 清水光久
    • 4章 地域コミュニティの「存在」と「地域の力」
      • 未来に向けて被災地の試みから何を学ぶのか
      • 被災地は立ちはだかる問題を越えるために...
      • 「地域の力」が問われた
      • 30年の「地域力」の積み重ねが発揮されたまち
      • 暮らしの場である「地域」を豊かにするために
      • -思いや手弁当だけでは難しい課題を乗り越える-
      • 私たちは「暮らし」と「地域」をどう考える
      • 「思い」や「危機感」を文化や制度の中へ
      • これからそれぞれの地域で
      • レポート4コミュニティ支援 海外の現場との共通性-農村編-
      • SVA専門委員 吉川健治
      • コラム4地域コミュニティと住民の自主活動
      • 琵琶町復興住民協議会副会長 中川清司
      • 解説 これからの「地域コミュニティ」とボランティア・NPO
      • 早稲田大学教授 浦野正樹
      • 資料編 「復興まちづくり」の試み