What we do / シャンティの活動内容

海外での活動

  1. ホーム
  2. 活動内容
  3. 海外での活動
  4. カンボジア

Cambodia / カンボジア

1991年からカンボジアで学校建設や図書館事業を行っています。いまだに貧困にあえぐ人々が多いカンボジア北部に事務所を構え、人々と寄り添い、草の根の活動を行っています。

カンボジアでの活動を詳しく見る

カンボジアの歴史と教育問題

1979年のカンボジア政府の統計では、教師の75%、初等・中等教育を受けた生徒の67%、高等教育を受けた生徒の80%がポル・ポト時代に殺害されるか、強制労働で命を落とすか、国内に逃れてしまったと言われています。まさに<ゼロ>からの出発でした。

詳しくはこちら

これまでの活動

貧困や非識字の問題が深刻なカンボジア北部の農村部で住民参加による学校図書館運営事業やドリーム小学校事業を行っています。

詳しくはこちら

スタッフ紹介

カンボジア事務所で働くスタッフを紹介いたします。

詳しくはこちら

カンボジアからのありがとう

現地の子どもや先生方からのメッセージをご覧いただけます。

詳しくはこちら

カンボジアの活動に対して支援する

今すぐ寄付する

カンボジアに関するブログ記事はこちら

  • 2016年対象校幼稚園教諭による読み聞かせ

    [募集]保育・幼児教育関係者向け 2018年1月31日名古屋発カンボジアスタディツアー

    2017.12.8  カンボジア イベント情報 スタディツアー

    チョムリアップスオー!東京事務所の真屋です。 今回は2018年1月31日~6日間の旅、カンボジア・スタディツアーのご案内です。 現在カンボジアで実施している幼児教育の質の改善事業。日本の保育・幼児教育関係者や将来保育・幼児教育を目指す学生を対象に、スタディツアーを企画しました。カンボジア...

  • 5

    カンボジアの農村の子どもたちと幼稚園

    2017.11.28  カンボジア

    みなさま、こんにちは。カンボジア事務所の萩原です。 現場にいると、びっくりすることがたくさんあります。カンボジアに来て既に5年目の私としては、もはやそんなに驚くことはないのですが、たまにあります。 こちらは幼稚園モニタリング中の一コマ。何か、おかしくありませんか? では、も...

  • DSCN0842

    カンボジアの教育事情の変化

    2017.11.3  カンボジア

    皆様、こんにちは カンボジア事務所の玉利です。 先日カンボジア市民フォーラム等の主催によるシンポジウムで、UNTAC以降カンボジアの教育事情の変化を発表する機会があり、それに向けて過去のデータをいろいろと調べてみました。 私自身、1999年から2年間カンボジアに駐在していましたので、その時...