What we do / シャンティの活動内容

海外での活動

  1. ホーム
  2. 活動内容
  3. 海外での活動
  4. カンボジア
  5. 活動紹介

Cambodia / カンボジア 活動紹介

カンボジアでは、1991年よりカンボジアでの教育・文化支援活動を行なっています。

学校建設活動

カンボジアの小学校の約8割は教室不足のため午前と午後の2部制で授業が行われており、学校によっては3部制をとらざるをえない学校もあり、子どもたちに十分な授業時間が取れない状況にあります。カンボジア教育・青年・スポーツ省は、老朽化した4,000校の校舎再建と316校の新規建設が早急に必要であると訴えています。本活動は、住民参加型でカンボジアの人々の協力を得ながら校舎の建設を実施し、子どもたちが安全に安心して学べる環境を整えています。

図書館活動を中心とした
コミュニティラーニングセンター(CLC)事業

内戦の影響により、教育の機会を失ったカンボジアの農村地域の住民の多くが読み書きに困難を抱え、日常生活にあらゆる支障をきたしています。本事業では、子どもから大人までが集い、学べる生涯学習の拠点としてコミュニティ図書館(CLC)を設立し、図書館活動を中心に、日常的に本や文字に触れる機会を提供することで識字の向上を図っています。また、住民のニーズに合わせ、生活向上のための体験学習である農業や保健・衛生の研修に加え、スポーツや文化活動にも力を入れています。
「楽しく、快適、実践的」なプログラムを通して、住民の自立を支援しています。

公立幼稚園における幼児教育の質の改善事業

子どもたちが継続して教育を受けられる環境をより整備し、貧困から抜け出すための方策の一つとして、世界的にも注目されているのが幼児教育です。発育阻害の子どもの割合は32.9%に上り、周辺諸国と比較しても高い割合です。幼稚園への就園率も低い水準にとどまり、幼い子どもの発達を促進する適切な幼児教育・保育の不足は初等教育にも悪影響を及ぼしています。本事業では、長年シャンティが取り組んできた学校図書館活動の経験を活かし、子どもたちが「楽しく、遊びや経験を通して学ぶ」幼稚園づくりを目指します。効果的な教授法(おはなし、教材制作、遊び、場づくり)と幼児にとって魅力的な教室環境を導入し、幼児教育の質の改善を支援しています。

カンボジアの事業を指定して寄付をする

詳しくはこちら