What we do / シャンティの活動内容

海外での活動

  1. ホーム
  2. 活動内容
  3. 海外での活動
  4. タイ
  5. 国の歴史と教育問題

Thailand/ タイ 国の歴史と教育問題

インラック前首相による政権打倒を掲げ、1月13日より「シャットダウン・バンコク(バンコク封鎖)」という10万人規模のデモ活動が開始されました。憲法裁判所の判決を受けインラック首相が失脚後、軍が戒厳令を発令し、プラユット・ジャンオーチャー陸軍司令官の仲介により前首相派や反政府デモ隊等の代表を招集した会合が開かれました。この話し合いでは政治危機に対する解決策を見出すことができず、5月22日にクーデターへと発展、軍や警察からなる国家平和秩序維持評議会(NCPO、議長:プラユット陸軍司令官)が政権を掌握しました。8月24日にプラユット氏が暫定首相に任命されて以降、暫定政権が続いています。同政権は、2014年上期まで長期化したデモによる国内の混乱を治めたという点で評価されています。治安の面では落ち着つきを取り戻し、5月のクーデター後激減した観光客数が徐々に戻りつつあります。依然として戒厳令下にあり、言論や報道の自由に対する規制が継続されています。同政権は発足当初約1年間の政権を予定し民政移管を進めておりますが、2015年に予定されていた総選挙は2016年となる見通しです。

タイ政府は、2009年より就学前3年間と高校までの15年間は、学費などは一切かからないとしていますが、実際の学校現場では運営資金が不足し保護者からの追加徴収をせざるを得ない状況で、経済力の弱い地方やスラムに住む保護者に負担がかかっています。

タイでの活動を詳しく見る

タイ基礎情報

国名/首都 タイ王国/バンコク
基本情報 人口: 6,700万人(2013年、世界銀行)
国土面積: 51.4万キロメートル
言語: タイ語
平均寿命: 74歳 (2010年、ユニセフ)
乳幼児死亡率(1歳未満): 11人/1,000人 (2010年、ユニセフ)
幼児死亡率(5歳未満): 13人/1,000人 (2010年、ユニセフ)
経済状況 一人当たりの名目GDP:  5,780USドル(2013年、世界銀行)
消費者物価上昇率(インフレ率): 3.81%(2011年、IMF)
教育状況 成人識字率:94% (2010年、ユニセフ)

タイの歴史

クメール王朝の支配が弱まってきた13世紀初頭、スコータイと名づけられた王朝を築かれました。その後も、スコータイ王朝、アユタヤ王朝、トンブリー王朝、チャクリー(ラタナコーシン)王朝と続きますが、東南アジアで唯一どこの国の植民地にもなることなく、独自の文化と発展を遂げて来た国でもあります。

第一次世界大戦とその後の世界恐慌は、タイに深刻な不景気をもたらしました。1932年、欧州に留学し、民主思想を学んだ一部軍人によりクーデターが起き、絶対君主制から立憲君主制へと移行しました。1997年9月に民主的な内容を盛り込んだ憲法改正が行われるなど、タイ独自の民主主義の形を模索しています。2008年の空港閉鎖をきっかけに、国中が戦闘状態のようなイメージがつき、観光産業が大きな打撃を与えました。また2011年の水害では国土の77%が冠水し、工業団地の操業停止が相次ぐなど経済活動にも大きな影を落としました。

国民の大半はタイ民族ですが、ミャンマー(ビルマ)から中部地方にかけて住むモン族、北部山岳地帯にはメオ族、ヤオ族、アカ族、ラフ族など約20民族の少数山岳民族が暮らしています。

タイでの教育問題

タイ政府は、2009年より就学前3年間と高校までの15年間は、学費などは一切かからないとしていますが、実際の学校現場では運営資金が不足し保護者か らの追加徴収をせざるを得ない状況で、経済力の弱い地方の保護者の負担が重圧となっています。国境地域およびバンコクを中心に150万人以上存在すると言 われるミャンマー(ビルマ)移民労働者の多くは労働条件の低い仕事しか就けず、社会的な地位の不安定さもあり、子どもたちは教育を受けることが非常に困難な状況にあります。

山岳民族の児童は、国籍や言語の問題を抱え、スラムの児童は、両親が住民票登録をされていないため、出生証を持たず、法的に教育の機会を得られない児童もいます。それに加えて、家庭崩壊、薬物中毒、エイズなどといった社会的な問題も大きな妨げとなっています。