What we do / シャンティの活動内容

国内で参加できる支援プログラム

  1. ホーム
  2. 活動内容
  3. 国内で参加できるプログラム
  4. クラフトエイド
  5. 「クラフトエイド」のはじまり

クラフトエイド 生産地と民族の紹介

生産地と民族の紹介

Hmong モン族

モン族は、藍のろうけつ染めや色鮮やかな刺繍を得意としています。
民族衣装は、色彩に富み、彼らの伝統の素晴らしさを伝えています。
古くは、中国の揚子江流域を起源とし、現在は中国・ミャンマー(ビルマ)・ベトナム・ラオス、タイの主に山岳地帯に住んでいます。
山を転々と移動し、焼畑農業を行い、近年まで自給自足の生活を送っていました。
しかし、ラオスでの内戦やタイ政府の定住化政策によって、山を下りた人々は、新しく貧困という問題に直面することになりました。
クラフト製作は、そうした彼らに貴重な現金収入をもたらし、急速に衰退していく伝統技術の継承にも役立っています。

Lahu ラフ族

ラフは、元来チベット・中国南西部にかけて住んでいたチベット・ビルマ語族で、現在は中国南部、ミャンマー(ビルマ)・タイ北部地域にかけて住んでいます。 自給自足的な焼畑農業を営んでいましたが、近年、焼畑農業は政府によって禁止され、 また商品作物や消費財の流通などにより、これまでの生活スタイルでは立ち行かなくなっています。 彼らはもともと文字を持たない民族であるため、伝統的なパッチワークの中には。「犬の歯」や「目」という生活に密着した意味をもつ模様がたくさんあります。 彼女たちがクラフトで得た収益は、医療費や子どもの教育費などにあてられています。

Mien ミェン族

ミェンは、紀元前3世紀頃、中国の中央部に発したといわれています。 その後、徐々に南下し、漢民族の迫害や農作物の不作などの理由でベトナム、ラオスへ移動を続けました。 タイへは、ラオス経由で100年以上も前に移住してきたといわれています。彼らの文化は、道教、漢字など中国の影響を数多く受けています。 ミェンの民族衣装で特徴的なのは、赤い毛糸で作った襟飾りと、ズボンの前面を埋め尽くした格調高く独創的な刺繍です。 その刺繍は、信じがたいほど丹念で緻密。女性たちは、刺繍の綿密さや豪華さを競い合い、ズボン1本に1年以上かけることもあります。

Karen カレン族

カレンは、紀元前から今のミャンマー(ビルマ)北東地域に移住したといわれ、北タイ地域の山岳民族の中では、最大の人口を占める先住民です。 大部分は、ミャンマー領のタイ国境寄りのカレン自治州に住んでいますが、現在はミャンマーの軍事政権と対立し、多くのカレン族が国境を越えてタイの難民キャンプに逃れてきています。 SVAは、そこに図書館を建設し、教育文化支援活動を行っています。 カレンの女性は、結婚前は白いワンピース、結婚後はカラフルなツーピースと衣装の形をかえます。カレンの刺繍の中には、実際の草や花の「種」を丁寧に織り込んだものがあり、自然と調和する姿勢が素直に表れています。

Lisu リス族

リスは、北インド、チベット地方を起源とし、約2世紀もの長い間をかけてタイに移住してきました。 長い異動の中で、漢民族との混血がすすみ、言語、風習にも中国の影響を受けています。 リスの民族衣装は、虹のような色彩の「重ね縫い」に特徴があります。 彼らは、民族衣装を毎年正月に新調し、鮮やかな色の組み合わせやパッチワークの細かさを競い合います。

Lue ルー族

タイ・ルー族の人々はその昔、中国南部の雲南省からラオスやミャンマー(ビルマ)、 そして北タイに移住してきました。 稲作を主な生業としており、また機織りの技術でも有名で、象柄や幾何学模様の布が 特徴です。 近年、急激な環境破壊と貨幣経済の流入によって、食糧不足と職不足に悩まされています。多くの若い女性が村での生活をあきらめ、よい暮らしを求めて都会に出て行きますが、言葉や生活習慣の違いから、なかなか安定した職に就くことは難しく、過酷な肉体労働や売春に至ってしまうケースも少なくありません。

Akha アカ族

中国、ミャンマー(ビルマ)、タイ北部に住むアカの民族衣装は、たくさんの装飾をほどこした2Kgもある兜のような帽子が特徴的です。 彼らの民族衣装をモチーフにした刺繍や銀細工には定評があります。