つながる人の和 復興プロジェクト気仙沼

ワカメ漁師体験~大収穫祭~

2016年2月13日(土)
「あつまれ、浜わらす!」x蔵内之芽組の恒例企画開催!

昨年11月に子どもたちの種つけしたワカメが収穫の時期を迎えました。
漁師さんたちに教わりながらワカメの刈り取りをしたり、
新鮮な生ワカメをしゃぶしゃぶ、めかぶをまるかじり!!という
貴重な体験をさせていただきました。
ワカメ陸

わかめしゃぶしゃぶ

めかぶ

子どもたちは漁師さんたちの地道な力仕事や、
大海原で船を操るカッコよさを感じたようです。

このまちの魅力の発信が、
子どもたちが大きくなったときも
「このまちが好き」、そう思ってくれたらうれしいですね。

そしてこのまちで暮らしたいと思えるまちづくりが
今必要だとひしひしと感じます。

漁業の継承、魅力の発信、
蔵内之芽組も「はまわらす」も
毎日ふんばってふんばってがんばっています!

集合写真2

地元海の幸でお正月

【2015年12月27日 (日) 蔵内海の幸〜年末大売出し〜開催】

年末−2℃の中、開催された「海の駅よりみち」x「蔵内之芽組」年末大売出し!
浜のお父さんお母さんが一生懸命育てたホタテは即完売でした。

20151227蔵内海の幸_1

20151227蔵内海の幸_3

お正月のお買い物にたくさんの地域の方々が来てくれました☆
地域の人たちに愛されてこその集いの場。
来年ももっともっと「海の駅よりみち」はがんばります!!

20151227蔵内海の幸_2

20151227蔵内海の幸_4

シャンティ気仙沼、年内最後のイベントも
お陰様で無事終了することができました。ありがとうございました!!
2016年もどうぞよろしくお願いいたします。

わかめ漁師体験!!~種付け~

2015年11月21日(土)
以前の「ホタテを育てよう!」に引き続き、
現在シャンティで取り組んでいる子ども支援「あつまれ、浜わらす!」と
漁業支援「蔵内之芽組x海の駅よりみち」のコラボイベントが開催されました。

子どもたちは、地元の漁師さんたちからワカメの種付け作業を教わりました。
みんな2人三脚でいっしょうけんめい「ワカメのあかちゃん」をロープにつけて、、
漁師さんたちが海の畑(漁場)へ持って行きました。

一仕事してから、漁師さんからお魚のさばき方を学んでみんな真剣です!
ワカメのソムリエ大会(食べ比べ)も行い、地元の上質なワカメを実感しました。

ご飯は浜のお母さんたち(海の駅よりみち)が作ってくれた
こいわかめの炊き込みご飯、鮭のバター焼き、おさしみ、
そしてみんなで作ったトン汁でした~。

子どもたちのワカメ、3月ごろには収穫できるかな☆

wakame2
ワカメの種付け作業。ロープが固くて大変です!

wakame3
今旬の鮭!!漁師さんが丁寧に教えてくれました。

wakame7
wakame5
味・香り・色・歯ごたえの4項目から、
圧倒的な支持を得たのはやっぱり地元のわかめ「こいわかめ」。
漁師さんたちも結果発表までドキドキでした~。

wakame6
浜わらす!おなじみのつりっこ。漁師さんたちがてづくりで竿をつくってくれました。

あつまれ、浜わらす!ホタテを育てよう!その①

2015年9月26日(土)
あつまれ、浜わらす!x蔵内之芽組によるイベント「ホタテを育てよう!その①」
を開催しました!

今回は第1回目、ホタテの稚貝とりを体験しました。
10円玉くらいに育ったベビーホタテを採取して、網かごの中にいれる作業です。

蔵内之芽組の漁師さんたちによると
ホタテの収穫はおよそ1年半~2年かかるということです。

また半年後あたりに、途中まで育ったホタテのお掃除や「耳吊り」という作業をします!
ホタテが大きくなって収穫の時は、子どもたちも大きく成長していますね。
どちらも今からたのしみです☆
hotate1
種から育った稚貝を網からタンクに戻す作業

hotate2
その中から育ちの良い稚貝を選別します

hotate4
選別した稚貝を網かごに入れて、海に戻します!おおきくな~れ☆

海の駅よちみち2周年記念感謝祭開催!

2015年10月25日(日)

蔵内のお母さんたちが運営する直売所兼お食事処「海の駅よりみち」が
おかげさまでオープン2周年!!感謝祭を開催しました。

シュウリ貝(ムール貝)のつかみどりや、
旬のお魚は即完売!!たくさんの地域の方々で賑わいました。

これからも「海の駅よりみち」をどうぞよろしくお願いします(^^)

よりみち2周年感謝祭2

よりみち2周年感謝祭3

よりみち2周年感謝祭4

よりみち2周年感謝祭5

みんなの加工場完成!

蔵内に加工場ができました!!

漁業からはじまる、地域の復興。

この地域で漁業を再開した人はわずか。まだまだこれからの被災地で

がんばる漁師さんたちをシャンティは応援します。

ここは、地域のみんながつかえる加工場「ブルーファームこせっぺ」

シャンティでは漁業体験をはじめ、漁業や被災地復興に興味のある方々に、

この地域の海と人をつなげるお手伝いをしています。

これからも持続可能な漁村復興を目指します!
加工場resize
蔵内之芽組(新たな担い手も!)

餅まきresize
「ブルーファームこせっぺ」落成式の様子(地域の方々をご招待して餅まきをしました)

この加工場は、ジャパン・プラットフォームの助成金を受け建設されました。
ご支援ありがとうございました。(完成2015年8月8日)

(気仙沼事務所/東)

蔵内わかめ祭り

2015年3月8日(日)「蔵内わかめ祭り」開催!!

震災から4回目のワカメの収穫の時期になりました。

地域の交流の場としてオープンした直売所・お食事処「海の駅よりみち」で、先日ワカメの収穫を祝い「蔵内わかめ祭り」を開催しました。当日はたくさんの地域の方や県外の人も訪れ、「よりみち」を運営する地元のお母さんたちが、今しか味わえないワカメしゃぶしゃぶや、新鮮な海産物でお客さまを迎えました。

三陸の良質な塩蔵ワカメや、その日にとったホタテはすぐに完売。急きょ商品を追加するほど大盛況でした。4月末までは、お父さんたちの漁師グループ「蔵内之芽組」や「よりみち」のお母さんたちはワカメの収穫で大忙しです。

おかげさまで、只今地元ブランド「こいわかめ」(昨年分)は完売中ですが、今年の販売は3月下旬より開始いたします。ぜひ新物「こいわかめ」をご賞味ください。

わかめつめ放題 とれたてワカメのつめ放題!

わかめしゃぶしゃぶ 旬のワカメしゃぶしゃぶ

ほや ホヤも販売!

蔵内 海の駅よりみちがオープン!

10月25日、気仙沼市蔵内地区に直売所「海の駅よりみち」が開店しました!
開店に向けて、「漁師であるお父さんたちを応援したい」、「地域の交流の場になっていければ」と今年の7月から漁師のお母さんたちや地域の人たちとで準備を進めてきました。

1L6A9495

yorikoi

直売所では地元商品の「こいわかめ」や昆布、魚などの海産物をはじめ、野菜や手工芸品などを販売。また食事については現在「こいわかめうどん」、「めかぶそば」などを提供。今後は、旬のものを提供していく予定です。近場まで来られたら、ぜひよりみちしてください!

よりみちオープンの様子は下記から。
「ひなた三代目 蔵内之海ログ」

「蔵内 海の駅よりみち」
気仙沼市本吉町蔵内152-2(Google マップ)(国道45号線沿い / 蔵内漁港向かい)

●営業日・時間
毎週日曜日・月曜日 9:00 〜 14:00

*本事業は、株式会社フェリシモ「とうほくIPPOプロジェクト」の助成を受けて実施しています。

(気仙沼事務所 里見)

関西学院大学 共働プラットホームとの活動《前編》

先週から約1週間にわたって、関西学院大学の共働プラットホームの
学生たちが気仙沼にボランティアに来ていました。

共働プラットホームは、東北学院大学をはじめ、全国28大学が
連携している大学間連携災害ボランティアネットワークの大学間連携夏合宿が
きっかけで立ち上がった団体で、昨年から数回に渡って気仙沼を訪れています。

今回もシャンティが関わっている気仙沼市内の蔵内地区の漁業支援や
同地区でこれから開設する直売所、また小泉地区の花火大会の
準備等にお手伝いをいただきました。

1L6A8880

蔵内地区にある直売所予定地。オープンに向けて、草取りや
ガラスの破片の除去、中古のプレハブの清掃作業を行いました。

1L6A8656

日中の暑い中、蔵内之女(おんな)組のお母さんたちとの作業です。
津波の浸水した土地ということもあり、細かいガラスの破片が散乱していました。

1L6A8657

アフター。一日目で目立った草がなくなりました。
これにはお母さんたちも感激。

その翌々日には、学生たちが蔵内産のわかめを使った料理づくりを行い、
蔵内之芽組の漁師さんたちやお母さんたちに振る舞いました。

1L6A8905

調理の様子。

1L6A8918

準備も含め、調理時間は約2時間ほど。
学生から出来上がった料理の紹介がありました。

1L6A8915

1L6A8907

料理は全部で6品。

・天津飯
・簡単三色ビビンバ
・とろとろ卵とわかめの香味丼
・わかめしらす丼
・わかめとツナのにんにくポン酢炒め
・コンソメ風わかめスープ

ご飯もののレシピが多かったのは、大学の食堂での導入を考えてるからだそうです。
大学の食堂に蔵内産のわかめが導入されるのが、楽しみですね。

《後編》に続く…

災害復興支援「共働プラットホーム」HP
http://kyoudou-p.jimdo.com/

(気仙沼事務所 里見)

「浜のお母さんたちが奮闘中」浜の直売所事業

ここ数日雨模様が続く気仙沼。梅雨明けまでもう少しでしょうか。
さて、先日は蔵内地区でこの秋にはじまる予定の直売所事業の
プレハブの設置に立ち会ってきました。

今回の主役は浜のお母さんたち4人が立ち上げた「蔵内之女組」。
直売所事業のきっかけは、浜のお母さんたちと行った地域の食材を使った
レシピづくりでした。レシピづくりのあとに何度か会を重ねるにつれ、
女性たちの交流の場がほしい、浜で漁師をしているお父さんたちを応援したい、
と浜の海産物を利用してかつてあったような賑わいを取り戻すため、
お母さんたちが一念発起しました。

1522-1L6A7722.jpg

先に現場入りしたお母さんたち。プレハブの到着を待ちます。

1523-1L6A7725.jpg
1524-1L6A7818.jpg

設置工事をすること約4時間。無事にプレハブの設置が完了です。
今後は9月から10月のオープンに向けて、設備や備品を揃えていく予定です。

*本プロジェクトは株式会社フェリシモ (http://www.felissimo.co.jp/)の
「とうほくIPPOプロジェクト」の助成を受けています。
 
(気仙沼事務所 里見) 

1 2

copyright© Shanti Volunteer Association. All rights reserved.