漁業

漁業支援×まちづくり

震災後、避難所で出会った漁師たち5名が養殖グループ「蔵内之芽組」を立ちあげ、全国からきたたくさんのボランティアに支えられながらワカメの養殖を始めました。多くの人が被災してこの地域を去る中、「蔵内之芽組」が行き着いた「復興」とは、自分たちにしかできない「漁業」という自信とプライドでした。彼らの夢は、漁業を継承して仲間を増やし、コミュニティを再生させることです。また、その姿を見て、地域の女性たちも地元でとれた海産物の直売所兼お食事処「海の駅 よりみち」を立ち上げ、復興の後押しをしています。地域の文化であり生業である漁業が復活することで、この地域に集まってくる人、戻ってくる人が増え、震災後の「まちづくり」へとつながっていきます。シャンティは、ボランティア派遣や海産物の販路づくり、漁業がきっかけとなるコミュニティの再生を目指して、この「まちづくり」を応援しています。

PICKUP

お買い物で応援