シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 東京事務所より

東京事務所より

ミャンマー・タタナパルラ寺院学校長 ウ・エインダカ僧侶

「みんなが教育を受けられる環境を作りたい」ミャンマー寺院学校の校長先生が来日

2018.6.27   東京事務所より /  

2018年6月25日(月)、ミャンマーのタタナパルラ寺院学校の校長先生であるウ・エインダカ僧侶(36歳)がシャンティ東京事務所に来所されました。ミャンマーのピー県にあるタタナパルラ寺院学校は、シャンティが2017年に学校建設を支援した寺院学校です。 学校建設を支援してくださった日本のみなさんに...

IMG_2476

クラフトエイドの洋服をつくる村へ行ってきました

2018.6.26   クラフトエイドタイ東京事務所より

クラフトエイドの渡辺です。 今日はひっそりと販売しているクラフトの洋服のお話しをします。普段、あまり派手に宣伝されていませんが、着心地がよいのと、ざっくりとした厚みで透けないので、1枚で着られる優れものなんです。ゆったりとした作りなので、冬は重ね着で暖かく、夏は1枚で涼しく使えます。(ホントで...

菊池が執筆した「世界の難民をたすける30の方法」が出版されました

執筆した「世界の難民をたすける30の方法」が出版されました

2018.6.25   ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ東京事務所より絵本を届ける運動

「難民」。 知っているようで、実はよく知らないという方も多いのではないでしょうか? 日常において身近な存在か、と言われると、 「難民」と出会い、直接声を聞く機会はほとんどないかも知れません。 しかし「難民」の問題は、どこか遠い国の問題ではありません。 2016年末現在、世界...

イスラマバード近郊のアフガニスタン難民キャンプ(Yoshifumi Kawabata

世界の難民と日本の私たちー難民問題は遠い国の話ではありません

2018.6.16   東京事務所より / 

(イスラマバード近郊のアフガニスタン難民キャンプにて:撮影・川畑嘉文) 世界には、紛争や人権侵害などから命や生活を守るため、母国を離れ避難生活を余儀なくされた「難民」が大勢います。難民と聞くと、どこか遠い存在のような気がしてしまうかもしれません。しかし、彼らも難民になる前は私たちと同じよう...

タイ国境にあるメラウキャンプの外観

6月20日は「世界難民の日」-再び子どもたちに笑顔が戻るように

2018.6.15   東京事務所より / 

(タイとミャンマー国境にある難民キャンプ) 世界ではいま、3秒にひとりが、故郷を離れ、避難生活を強いられています。 紛争や人権侵害などから命を守るため、母国を離れ、避難生活を余儀なくされた「難民」。 難民問題は遠い地の話ではなく、日本を含む世界全体の問題と言えます。 6月20...

おやこで絵本を作ってアジアに届けよう

【〆切】自宅でできる!夏休み子どもボランティア「おやこで絵本をアジアに届けよう」キャンペーン2018

2018.6.14   ボランティア募集東京事務所より絵本を届ける運動

※定員に達したため、受付を締め切らせていただきました(2018年8月5日更新)。 「今年こその夏休みの宿題を早めに終わらせたい!」というみなさま。 アジアの子どもたちに届ける翻訳絵本づくりに挑戦してみませんか? シャンティ国際ボランティア会は、1999年から本を知らないアジアの...

151

絵本担当が選ぶ、おすすめ絵本3選

2018.6.11   スタッフの声東京事務所より絵本を届ける運動

こんにちは。絵本を届ける運動担当の岩松です。 「絵本が現地に届きましたブログ」ですが、ラオスは毎年チェックが厳しく、いまだに到着していないため今日は絵本担当が選ぶ、おすすめ絵本3選をご紹介したいと思います。 今年は59タイトルの絵本が選ばれていますが、その中でも私が個人的に紹介したいと思った...

本の力1

”ホンのちから3”が届きます

2018.6.9   東京事務所より

今年も活動地の図書館にかよう子どもたちからイラストと手書きのメッセージが届きました! 「アジアの図書館サポーター」では年に一度、 サポーターの皆様に子どもたちからのカードをお届けしています。 2016年から、絵本作家/イラストレーターのaurinco(アウリンコ)さんがプロボノとして、...

©Yoshifumi Kawabata
READYFOR
6月29日(金)23:00まで
目標金額は、250万円です。
#難民キャンプの図書館

ここだけが世界と繋がれる場所ー難民キャンプの図書館を続けたい

2018.6.6   東京事務所より

こんにちは、 支援者リレーションズ課の吉田です。 ただ今挑戦中のクラウドファンディングプロジェクト 「ここだけが世界と繋がれる場所-難民キャンプの図書館を続けたい」は、 ミャンマー(ビルマ)難民事業事務所プロジェクトマネージャーの菊池礼乃スタッフの挑戦です。 おかげさま...

8. Mobile library

カンボジアからありがとうを

2018.6.6   カンボジア東京事務所より

  [video width="1280" height="720" mp4="http://sva.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/06/20180504_182023.mp4"][/video] スオスダイ~(カンボジア語でこんにち...

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。