シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 東日本復興支援

東日本復興支援

山元町。希望の黄色いハンカチ。

【東日本】2018年3月11日に

2018.3.11   東日本復興支援

いつもありがとうございます。 シャンティ南相馬事務所の古賀です。 今日、2018年3月11日。 7年前の今日のことを思っています。金曜日でしたね。 ふと、6年前はどうだったろうと思い。岩手事務所がFacebookで投稿を続けけていた「いわてを走る移動図書館プロジェクト」のページを...

scoreboard

【南相馬】未来への決意を綴った記念誌『われら世紀の朝を行く』

2018.2.20   東日本復興支援

小高図書館の棚に置かれていた、南相馬市立小高中学校の記念誌『われら世紀の朝を行く』を借りてきました。 2018年1月に発行されたばかり。 小高、福浦、金房という地域に3校あった中学校の開校70周年、そしてその3校が小高中に統合され45周年にあたってまとめられたもの。記念誌らしく、統合後の...

IMG_0228

【東日本大震災】「東北に、よりそって」製作まっただなか!

2018.2.12   東日本復興支援

こんにちは、事業サポート課の木村です。 「今日も寒いですね」が毎日の挨拶になるような気候で、暖かい春が待ち遠しいですね。 東京事務所は、この時期はどの部署も忙しい日々が続きます。経理担当は決算に向けて、クラフト担当は新しいカタログの作成に、「絵本を届ける運動」の担当者は海外事務所への絵本出荷...

子どもたちと図書館車の塗り替え

移動図書館車の新たなスタートを応援

2018.2.10   東日本復興支援

1月22日、いまにも雪がふりそうな寒空の下で、そこだけは少しあたたかく感じられたのは、移動図書館車の車体に描かれたライオンの色使いのおかげでしょうか。 東日本大震災の被災地支援活動の一環として、2011年から岩手県、宮城県、福島県を走ってきた移動図書館車のうち一台を、南相馬市の家庭文庫「ちゅう...

IMG_2879

仮設団地のあった場所へ

2018.1.30   東日本復興支援

シャンティ南相馬事務所(旧山元事務所)は、2017年3月まで、宮城県山元町の仮設団地を移動図書館車で訪問していました。 山元町では、2017年3月末までに復興公営住宅のかぎの引き渡しが終わり、仮設住宅からの移転も進みました。昨年末から年明けにかけて、訪問していた先を回りましたが、多くの団地が取...

トークイベント「震災は終わってない 南相馬の『いま』」

【3/9】トークイベント「震災は終わってない 南相馬の『いま』」

2018.1.29   イベント東日本復興支援

イベントは終了いたしました。多数のご参加、まことにありがとうございました。 http://sva.or.jp/wp/?p=27441 福島県南相馬市の小高区は、原発事故による避難指示が1年半前に解除されましたが、故郷に戻った方の割合は2割程度です。恐怖と混沌の中にあった震災当初か...

写真0

東日本大震災支援活動記録誌『試練と希望』お披露目会 開催報告

2018.1.17   イベント報告東京事務所より東日本復興支援

2017年12月6日、東京・四谷の東長寺にて、東日本大震災支援活動 記録誌『試練と希望-東日本大震災・被災地支援の2000日』お披露目会を開催しました。本書籍の編集をしたシャンティ専門アドバイザーであり、曹洞宗総合研究センター講師の大菅俊幸と、東日本大震災発生後より事業全体の統括を行う事務局...

20171227festa

写真で振り返る東北事務所の2017年

2017.12.28   東日本復興支援

12月に入ってのこと、気仙沼市社会福祉協議会から、気仙沼事務所の活動(災害ボランティアセンター運営支援とコミュニティセンター支援)に対して感謝状をいただきました。気仙沼事務所は2016年に活動を終えていますが、気仙沼事務所スタッフを中心としたこれまでの「支え」の姿勢を認めていただけたことはとてもうれ...

sumbnail

2011年3月からの東北での取り組みが「本」になりました

2017.12.16   東日本復興支援

東日本大震災発災直後から、シャンティは東北への思いを形に、活動を続けてきました。11月末、その6年余りの軌跡が本になりました。 タイトルは、『試練と希望 東日本大震災・被災地支援の二〇〇〇日』(明石書店刊)。3年に及ぶ制作期間中、「記録誌」と呼ばれていましたが、ようやく名前がつきました。 ...

浮舟文化会館

街の灯りに胸がはずむよ

2017.12.3   東日本復興支援

南相馬市小高区は秋から冬へ。 東北最大最古といわれる石仏群がある大悲山、小高のまちを眼下に見渡す小高神社の紅葉、黄葉の色づきも、昨年に比べて少し早く感じ、寒波到来とともに、冬へと季節が一転したようです。 [caption id="attachment_25925" align="alig...

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト