本の力を、生きる力に。シャンティは、本を知らない子どもをなくし、未来に希望を持てるように活動をしています。

災害と図書館-都道府県立図書館の役割を中心に

災害と図書館-都道府県立図書館の役割を中心に

1/4page
ARG代表取締役 / 岡本 真 シャンティ広報課 / 鎌倉 幸子

2015年1月12日
横浜開港記念会館

1月12日に行われた神奈川の県立図書館を考える会主催の【新春特別企画】スペシャルトーク「災害と図書館-都道府県立図書館の役割を中心に」で語られた県立図書館の役割、図書館のアドボカシー活動、震災が起こる前から必要とされることなどをまとめました。

ARG代表取締役

岡本 真

アカデミック・リソース・ガイド代表取締役、プロデューサー。ヤフーにて「Yahoo!知恵袋」などのプロデュースなどを担当し、2009年に起業し現在に至る。日本各地で図書館のプロデュースに関わる。著書に『ウェブでの〈伝わる〉文章の書き方』(講談社)、共編著に『ブックビジネス2.0』(実業之日本社)ほか。

シャンティ広報課

鎌倉 幸子

1999年シャンティに入職。内戦で多くの図書が焼かれてしまったカンボジアに赴任。カンボジア事務所図書館事業コーディネーターとして絵本や紙芝居の出版にも携わる。2007年に帰国。東京事務所海外事業課カンボジア担当、国内事業課長を経て、2011年より広報課長。東日本大震災後、岩手で行っている移動図書館プロジェクトの立ち上げを行う。

降水確率が何パーセントの時に傘を持って外に出ますか

岡本:成人の日という大切な日に、お越しくださいましてありがとうございます。「神奈川の県立図書館を考える会」の主催者の岡本真と申します。
本日は鎌倉幸子さんと「災害と図書館~県立図書館の役割を中心に考える」トークイベントを行います。

pic_front

鎌倉:よろしくお願いします。今日ラッキーなことに、快晴で、降水確率が0%だそうです。私はあまり、天気予報を見ないで家を出ることが多く、夕方になって雨に降られて困ることがあります。皆さんは何パーセントの降水確率で傘を持っていこうと決めますか?

会場の参加者:私は、傘は持ち歩かないタイプです。雨が降ると予報されていても、絶対降らないと信じて過ごしています。

鎌倉:降水確率の話をしましたのは、去年(2014年)の12月19日に、政府の地震調査委員会だした全国地震予想地図の最新改訂版の話をしようと思ったからです。これから30年間で、震度6弱が起こる自治体があげられています。横浜市役場がある場所で起こる確率は75%と大変高くなっています。東京都庁は46%、さいたま市役所が51%、千葉市役所が横浜市と同様に高く73%となっています。
 
岡本:今の鎌倉さんのお話しって、関東に住んでいる方にとっては、全く他人事の話じゃないね。私も横浜は大好きなスポットなんですけど、古い物件も多く、大きな災害や津波が起きた時に大きな被害を受けると思われます。あと5秒後に地震が起こることだって確率的にはありえます。今日は、そこを強く意識しながら、みなさんと一緒に問題意識を深めていければなと思います。

鎌倉:天気予報だと降水確率70%を超えると傘を持つ人が多いのでは。地震だといつ来るかわからないため70%越えていても実感がわかないのか、備えない。今日のトークを聞いていただき、明日来るかもしれない災害に備える機会になればと思いますね。

岡本:私が鎌倉さんと初めて会ったのは2011年6月に岩手県盛岡市で行われたARGカフェ&ARGフェストでした。それから移動図書館の活動をスタートされましたが、海あり山あり谷ありの大変な道のりだったと思います。簡単にご説明お願いします。

キャンペーン実施中!!

2014年
8/31まで

ミャンマーの子どもたちに6,400冊の絵本を届けよう!

ミャンマーでは長い紛争により多くの難民や国内避難民が今も貧しい生活を余儀なくされています。さらにミャンマーでは子ども用の絵本がほとんどありません。シャンティでは、 ミャンマーの子どもたちへの教育支援のひとつとして、 6,400冊の絵本をミャンマーで出版します。そのためにはみなさまのご協力が必要です。

ミャンマーの子どもたちに6,400冊の絵本を届けよう!

支援の方法など、詳しくは