シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 【12/2】宮本貴奈Xmasスペシャルピアノコンサート

【12/2】宮本貴奈Xmasスペシャルピアノコンサート

2015.12.7   イベント報告東京事務所より

2015年12月2日(水)にシャンティの事務所と同じく新宿区大京町の児童書出版社「ポプラ社」ホールで、シャンティ設立日にあわせたチャリティイベントを開催いたしました。今年は、世界的に活躍するお二人、ジャズピアニストの宮本貴奈さんとシンガーのSHANTIさんのすてきな演奏と歌をお届けすることができました。スタッフを除いて、91名の方がご参加くださり、最大100名の会場は満員となりました。年末のお忙しい時期、午後からは小雨となる中、ご来場くださった皆さま、ありがとうございました。
当日は18時に開場、予定通り19時にイベントがスタートしました。司会はインターンの大学生2人がつとめました。緊張がみられましたが初々しさで何とか乗り切りました。シャンティからのあいさつに続いて、ジングルベルを鳴らしながら、サンタの帽子をかぶった宮本さんが登場しました。演奏が始まるとあっという間に会場がピアノの音に引き込まれました。続いてSHANTIさんが加わってDUOに。アーティストと来場者の皆さまの席がとても近く、会場が一体になって音楽を楽しんでいる雰囲気が伝わってきました。

resizeIMG_0255

resizeIMG_0259

ニューシネマパラダイスなどスタンダードナンバー、ピアノの名曲モルダウ(こちらはWA-OTOという中西圭三さん、狩野泰一さんとのユニットで和の楽器でアレンジされているそうです)、来年公開の映画「MARCHING-明日へ―」テーマ(宮本さんが楽曲を担当しています)、SHANTIさんのオリジナル曲「beautiful」は大切な人への気持ちが歌われていて、この時期にぜひ聞いていただきたい曲です♪ 最後にはSHANTIさんが好きなカナダのアーティスト、ジョニ・ミッチェルの「青春の光と影」を歌ってくださいました。アンコールも含め、この時期ならではのクリスマスソングもたくさん聞かせていただきました。トークではお二人と理事の渡邊、聞き手に広報課の鎌倉幸子が入り、女性4名がそれぞれチャリティや女性のちからについて熱い思いを語りました。トークの最後には海外での仕事のかたわら東北のために英・米国でチャリティイベントを続けてくださっている、元SVAインターンの深町英樹さんからもごあいさつがありました。

resizeIMG_0245

音楽も聞いた人々に癒しや活力をくれます。絵本も、読んだ子どもたちにしあわせな時間と生きていくための希望をくれます。シャンティをご支援いただいてる方も、このイベントではじめてシャンティの活動を知った方も、一緒に音楽のちからと本のちからを感じることができました。

resizeIMG_0265

素晴らしい会場とスターウォーズのしおりを提供してくださったポプラ社様、ドリンク提供してくださったサントリーホールディングス様、おいしいシフォンケーキをお土産にくださった「おたからエイド」でお世話になっているTMコミュニケーションサービス様、ありがとうございました。
フードをお願いしたイタリアンレストラン『リストランテ スペッキオ』さんも、とても美味しかったと好評でした。四谷界隈でのランチ・ディナーのさいはぜひご利用ください。

宮本さん、SHANTIさんのフェイスブックもチェックしてください。
FB:Takana Miyamoto Music
FB ファンページ:Shanti & Friends

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト