シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. ご支援者のみなさまお世話になりました

ご支援者のみなさまお世話になりました

2016.4.7   スタッフの声東日本復興支援緊急救援

緊急救援室の笠井です。

 気仙沼事務所については、地元採用のスタッフがNPOを立ち上げて子ども支援の活動を引継ぎ中。岩手事務所の移動図書館活動については、去年末までに地元の町立図書館やお話会にハンドオーバーをして現在引き継ぎを行っている状況といったように、一部活動が収束に向かってもおり、契約の終了に伴って今月で団体を離れることになりました。

 2011年9月に入職して以降、普段は東京事務所にいながら現地事務所のサポートや、東京での広報などを担当しながら東北の3事務所へ出張したり。時には出張中に国内の別な地域で災害が発生して、そのまま現場に向かうこともありました。

 当会の東日本大震災 被災地支援事業については、所長以外の職員を現場で採用しているため「生かされた命を世の中のために」と志の高いメンバーから学ぶことも多かったですし、災害から数年たった頃に、3.11の時に必死で津波から逃げた時のことを、ふと、泣きながら話してくれたスタッフから聞いた話など。災害の現場でその時に起こること。そして、数年後に起きる町並みや心の状況の変化などを目の当たりにしながらの仕事というのは、企業にいてはなかなか関われない業務だったと思います。

 出張で現場に行くと「たろおちゃん!」と、あだ名を笑顔で呼んでくれるパワフルなお母さんたち。そして現場にいる時とは違い、東京の事務所にいるときは1日中パソコンに向かっているような、ある種地味な作業をしていることも多いのですが(笑)、お会いしたことはない支援者の方から電話を取った時に「いつも丁寧な対応をしてくれるあの笠井さんですか!」と言われた時が一番の、この仕事をしていてよかったと思えた瞬間でした。

11088874_1043344985693868_6690694309771752510_o

 私がこれまで頑張ってこられたのも、支援者のみなさまのお蔭です。短い間でしたが大変お世話になりありがとうございました。そして、これからもシャンティの応援をよろしくお願いいたします!!

417217_2534642704655_767154624_n 

     一番好きな写真

Me軽トラBM写真_From三木くん20160325Salesforceパワポ                

 現場のスタッフがセミナーで自分の写っている写真を使ってくれるのはうれしい 

▽東日本大震災 被災者支援活動については

http://sva.or.jp/lp/tohoku/

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト