シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 【東日本大震災】気仙沼事務所から、感謝をこめて

【東日本大震災】気仙沼事務所から、感謝をこめて

2016.6.2   東日本復興支援緊急救援

 こんにちは、緊急救援室の木村です。

 月日のたつのは早いもので、2011年3月から宮城県気仙沼市で東日本大震災の支援活動を開始してから、5年とちょっとの時間が経過しました。気仙沼市本吉町にシャンティ気仙沼事務所を開設して以来、多くの方々に支えていただいた気仙沼市での活動は、2016年5月末をもちまして終了致しました。

原稿②まちづくり支援写真⑥P7下段(サイズ小)
【写真】シャンティが再建支援の一部を担った「前浜コミュニティセンター」の落成式

 この約5年の間には、たくさんの出来事がありました。阪神淡路大震災をはじめ、国内外の緊急救援に継続的に取組んでいた当会にとっても、未曾有の大災害であった東日本大震災での支援活動は悩むことの連続でした。気仙沼のことも、そこで話されている方言も、いうなれば右も左もわからない私たちに対して、あたたかく見守り、時には叱咤激励をくださった気仙沼の方たち。そして、私たちの活動を支えて下さったご支援者のみなさま、気仙沼まで足を運びボランティアをしてくださった250名を越える方々に、この場をおかりして改めて感謝申し上げます。

シャンティ気仙沼スタッフ写真(2015.1.30)
【写真】気仙沼事務所スタッフ(左から畠山、東、白鳥、笠原)

 気仙沼の復興に際して、私たちがお手伝いできたことはほんのわずかなことかもしれません。しかしながら、これまでお手伝いしてきた本吉町を中心とした気仙沼での3つの取り組み(子ども支援/まちづくり支援/漁業支援)は、今後も地元の方々によって継続されていくことになりました。

1)子ども支援:地元発!「あつまれ、浜わらす!」
津波以来、海から遠ざかっていた子どもたち。彼らが再び自然の中で遊び、地域の人たちから知恵や伝統を学ぶことによって、子どもたちが本来もっている「生きる力」は育まれていきます。2013年夏に始まった自然体験活動「あつまれ、浜わらす!」は、シャンティの地元職員が中心となり設立された「NPO法人 浜わらす」に引き継がれます。
◆「NPO法人 浜わらす」の活動はコチラ

IMG_9573
【写真】「あつまれ、浜わらす!」のプログラムのひとつ、漁業体験に参加している子どもたち

2)まちづくり支援:これからも続く「まちづくり」の活動
まちづくりワークショップなどお手伝いしていた階上(はしかみ)地区では、地域住民の提言として「まちづくり計画提言書」が作成され、気仙沼市長に提出されました。その後も、まちづくり協議会が中心となって、震災遺構「旧向洋高校校舎」を活用して震災をどう語り継いでいくのかなど、復興に向けた歩みを進めています。

原稿②まちづくり支援写真①P6(サイズ大)
【写真】まちづくりワークショップに参加している階上(はしかみ)地区の方たち

3)漁業支援:漁業のまちの目指す未来
気仙沼はいわずとしれた「漁業のまち」。津波によって船や漁業設備という大きな財産を失ってしまった漁師たち。その後、たくさんのボランティアの方々に支えられながら漁業を再開するなかで、漁業の復活こそが地域の活性化や復興の歩みにつながることに気づき、結成された漁師の協業グループ「蔵内之芽組(くらうちのめぐみ)」。これからは、仲間で協力して若手の育成に力を注ぎながら、蔵内地区の女性たちによる「海の駅よりみち」とも連携をし、漁業を通じたまちづくりに取り組んでいきます。
◆「蔵内之芽組」の活動はコチラ

「蔵内之芽組」「よりみち」
【写真】漁師の協業グループ「蔵内之芽組(くらうちのめぐみ)」メンバー

***************************************
シャンティでは、岩手・宮城・福島でそれぞれの復興状況にあわせながら、また、被災者の方々の気持ちに寄り添いながら活動を続けてまいりました。気仙沼および岩手では、地域の人たちが主体的に活動をする段階に入ったと判断し、気仙沼は本年5月末に、岩手は来年半ばに現地事務所を通じた支援活動は終了する予定です。一方、福島では南相馬市小高地区の避難指示解除なども予定されていますが、これからが復興に向けての大事な時期ととらえ、コミュニティ支援の活動に取り組んでいく計画です。引き続き、みなさまからのご理解とお力添えをお願い致します。

◆募金受付中◆ <※手数料は振込人様のご負担となります>
郵便振替: 00170-8-397994
加入者名: SVA緊急救援募金
*通信欄に「東日本大震災」と明記下さい

◆本件に関するお問い合わせ先
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会 担当:緊急救援室 木村・竹内
〒160-0015 東京都新宿区大京町31 慈母会館2、3階
Tel: 03-6457-4586 FAX: 03-5360-1220 E-mail: eru@sva.or.jp

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト