シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 設立35周年を迎えました!「本の力を、生きる力に。」

設立35周年を迎えました!「本の力を、生きる力に。」

2016.12.10   東京事務所より

常務理事の市川です。

2016年12月10日。
当会シャンティ国際ボランティア会は、設立35周年を迎えました。
当時、現地に派遣された方が「難民キャンプに来てから亡くなる人もたくさんいて、地獄絵とはこのことだ」と語ってくれました。

(’80 サケオキャンプ

1980年 サケオ難民キャンプ

難民キャンプでは、国連や欧米のNGOが大きな予算を使いながら事業を実施。日本のNGOがほとんどない中、試行錯誤だった伺っています。「そんな混乱する難民キャンプでも、大人が子どもたちに空き地を使っている青空教室で教えているのを見て、物の支援はできなくても、教育の支援ならできるかも」と、当時のボランティアが思い、図書館活動を始めたのが、当会の原点になっています。

’81 キャンプに日本の絵本が届いた

そして、私にとっての原体験は、初赴任先であるアフガニスタンでした。
2001年の同時多発テロ後、国内避難民支援でアフガニスタン入り。少し田舎に行けば、カラシニコフ(自動小銃)を持つ少年兵を見るのは、日常でした。

スータン村で出会った銃を持つ子ども

スータン村で出会ったカラシニコフ(自動小銃)を持つ子ども

セキュリティを確保しながらの活動は困難を極めました。図書館活動をしたくても、本は皆無で、人材もなし。ゼロからのスタートでしたが、活動を続ける中で、本の世界に引き込まれていく子どもたちが多く出てきました。

050221チャッキノール小移動図書箱活動0022
2017年からは、6ヶ国目の活動地であるネパールで活動を開始します。

特集 一日でも早くネパールの子どもたちに安心して学べる環境を

すべての子どもたちに本を届けたい。そして、学びを通じて、子どもたちが自らの人生を自分の力で歩んでいく社会。その社会が実現した時、すべての人々が笑顔で幸せに生き、争いのない社会が創造されると信じています。

ヌワコッと郡バルカニヤ小学校1小

「本の力を、生きる力に」となる社会が実現するまで、もう少しです。
今日の35周年は、今までの皆さんと共に歩んだ日々を振り返り、次への一歩となるような日でありますように。

皆様に感謝をこめて。

35周年特設ページ:シャンティは活動開始から35周年を迎えました。

常務理事 市川 斉

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト