シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 【〆切】スタディツアー「ネパールと仏教・復興支援活動の『今』」開催

【〆切】スタディツアー「ネパールと仏教・復興支援活動の『今』」開催

2017.3.14   イベントスタディツアーネパール東京事務所より

※本ツアーは参加申込を締め切らせていただきました

ネパールと仏教・復興支援活動の「今」 ~ネパールの仏教文化を訪ねるツアー~

先日、開催予告をしたネパールでのスタディツアーですが、タイトルを「ネパールと仏教・復興支援活動の『今』」~ネパールの仏教文化を訪ねるツアー~」とし、正式にご案内できる運びとなりました。

仏教文化を訪ねるツアー」は僧侶の皆様を中心に、シャンティ国際ボランティア会(SVA)が活動する各国や地域を訪問いただき、仏教文化を中心とする様々な現状や活動の様子を視察し、これからの地域・社会活動を考える機会になればと企画しているスタディツアーです。今回はネパールでの開催。ぜひ下記の詳細やご案内チラシをご覧ください。そしてぜひご参加ください!

ネパールと仏教・復興支援活動の「今」
~ネパールの仏教文化を訪ねるツアー~

ブッダ生誕の地ルンビニを有する国ネパールで、寺院や僧侶が「今」、人びとに果たす役割はどのようなものでしょうか。また、曹洞宗国際ボランティア会を前身とし、活動開始から36年目となるSVA。2015年の震災を機に開始したネパールでの支援活動と、その活動から見る人びとの「今」とは。
首都カトマンズ、被災地となったヌワコット郡、そしてルンビニ。各地を巡り、ネパールの「今」を訪ねるスタディツアーです。

日程 2017年6月4日(日)~6月10日(土)4泊7日
※羽田空港発着
※出発は6/4の深夜便、帰国は6/10の早朝となります
募集締切 2017年4月25日(火)
※定員に達した時点で受付終了となります
※5/3以降のキャンセルは所定の料金がかかります
※本ツアーは参加申込を締め切らせていただきました
募集人数 15名(最少催行人数8名)
旅行代金 250,000円
※2名1室利用お一人様あたり(1人部屋には追加料金がかかります)
※上記の金額に含まれていないものもあります。
詳しくは「ネパールの仏教文化を訪ねるツアー」案内チラシ(PDF)をご覧ください

 

◆参加条件

  • ・仏教と地域活動に関心のある方
  • ・シャンティの活動に関心のある方
  • ・パスポートの有効期限が半年以上ある方

(★若手僧侶の方、大歓迎です!)

◆プログラムとポイント

  1. (1)ネパールの人びとの「今」
  2. (2)仏教文化の「今」
  3. (3)復興支援活動の「今」

3つのポイントからネパールの「今」を感じましょう!
※詳しくは「ネパールの仏教文化を訪ねるツアー」案内チラシ(PDF)をご覧ください

〈ネパールと仏教・復興支援活動の「今」〉ツアー日程

6/4(日) 夜 : 羽田空港集合(22:00~23:00)
6/5(月) 深夜:
午前:
午後:
羽田発(00:00~01:00)→バンコク着(04:00~05:00)
バンコク発 → カトマンズ着
ヌワコットに移動
6/6(火) 午前:

午後:

ヌワコット 被災地・支援事業視察/シャンティデビ小学校
倒壊校舎の再建支援を行っている学校を訪問、子どもたちとの交流を
カトマンズ 被災地視察/避難キャップなど
震災当時から今までの様子、また支援活動などSAVスタッフが解説
カトマンズ 「日本・ネパール会」理事のパサンさんを訪問
ネパールの現状について、現地の方から直接お話を聞きます
6/7(水) 午前:
午後:
ルンビニへ移動(空路) カピラバストゥ訪問・入場
ルンビニ 園内寺院訪問・自由見学など
ブッダ生誕の地として歴史や文化を肌で感じられる場所です
6/8(木) 午前:
午後:
カトマンズへ移動(空路)
カトマンズ 視察・観光/パシュパティナート、ダルバール広場など入場
6/9(金) 午前:
午後:
カトマンズ 市内視察・自由見学
カトマンズ発 → バンコク着 同日夜にバンコク発(22:00~23:00)
6/10(土) 早朝: 羽田着(06:30~07:30) おつかれさまでした!
※スケジュール、プログラムは変更となる場合があります

 

★スタディツアーのポイントやその他の詳細はご案内チラシをご覧ください

 

お問い合せ先

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
担当:神野  電話:03-5360-1233  メール:jinno@sva.or.jp

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト