シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 「オメアー!オメ、オメ!」 カレンの人々

「オメアー!オメ、オメ!」 カレンの人々

2017.8.4   ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ寄付募集中

皆さん、ハラゲー!(カレン語でこんにちは!)NGO海外研修プログラムから研修生としてミャンマー難民事業事務所で研修をしている、大阪大学3年生の柳原杏です。本日をもって終了する研修を通して、私が学んだことや感じたことを紹介したいと思います。
(There is an English version if you scroll down!)

ちなみにタイトルの意味はカレン語で「ごはん食べよう!食べて食べて!」です。カレン文化では食事中に知り合いが通るとご飯を一緒に食べるよう誘うらしく、これは相手と仲良くしたい関係であるということを示しているそうです。何度もこの言葉をかけてくれる現地職員の皆さんの姿がありありと思い浮かんだので今回タイトルにしてみました。

<メーソット>
UbetxGbiF8hBEdi1501581757

まず、シャンティ事務所があり私が1ヵ月滞在したタイとミャンマー国境付近の町、Maesot(メーソット)です!予想以上にご飯屋さんと犬が多いです。NGOかボランティアかミャンマーへの国境を超えるための観光客か、英語を話す外国人もよく見かけます。食べることが大好きな私は、ほぼ毎日違うご飯屋さんでタイ料理を食べました!

hcTMIwy4LfLXa4r1501581897ASBUKX4nuf2VY3I1501582050

安くて美味しくて食べすぎ注意ですね。(1年いたら確実に太ってました)週末には、国境を歩いて超えたり、ゴミ山を見に行ったり、タイボクシングをしてみたり、、、職員の皆さんのおかげで沢山のことを経験することができ、非常に刺激的で充実した日々でした!

<研修内容>
さて、私はこの4週間で5ヵ所の難民キャンプを訪問しました。シャンティ現地職員がキャンプ内の学校の教員を対象に図書館活用研修会を実施しました。

DYf2ff1gtecI7Gk1501585103

キャンプ内の図書館にはタイやミャンマー、そして日本から送られてきた本がありました。中には私が子どもの頃に読んだことのある絵本もあり、忘れてしまっていたけれど、私もよく図書館で絵本を読んだり紙芝居を見たりしていたのだな、と幼い頃の記憶が蘇りました。

7paWH7TAMDqTTq51501638847

B3GrzRQnd1VHxFu1501582348

研修後の図書館に来て本を読む子どもたちや大人の姿がありました。空き時間にはキャンプ内の学校施設や人々のお宅を見学させていただきました。

4hOYmqDWZUADNyI1501585159
(学校での授業の様子)

2つ目に訪問したメラマルアンキャンプでは、普段は車で川を渡るのですが雨季のため川が激しくなっていたので歩いて荷物をもって図書館に向かいました。

TUe0DSGA2Mx50RP1501582274

道路状況が悪いために特別にキャンプ内の図書館に泊まり、マットレスなしで寝ました。現場にでて働くということは、こんな大変さがあるのだなと実感するとともに、貴重な経験ができてラッキーだとも感じました。

 

<学んだこと、感じたこと>

(1)NGOの重要性
私は今回の研修に参加するまで、NGOがどういった活動をどこまでするのかなど全く想像がつきませんでした。研修を通して地道な事務作業から実際に現場に赴いて支援を届けることまで行っていると学びました。

9bjxPo4NaFlhbWf1501582860
(ぬかるんだ山道で動けなくなった車を引っ張るシャンティの車)

実際に支援を届ける現場で働くということは、体力と精神力がいる仕事です。この現場での大変さなしには国際協力やその支援は成り立たないのだと実感しました。

また、現地で支援活動をする際に支援を受ける人々と直接関わることが可能な点もNGOで働くからこそだと思います。難民キャンプを訪れた際に、キャンプに住む人々のお宅にお邪魔してお話を聞く機会がありました。

gy_UccmUw5mzx0Q1501583024

こちらの女性はミャンマーから難民キャンプに逃れてきた時の話をしてくださり、彼女の眼には涙が溜まっていました。お話を聞きながら、私も胸がしめつけられました。このように、現地の人々の生活の大変さを直接知り、それを支えて人々に寄り添う使命感ややりがいを感じられる仕事だと思いました。

 

(2)図書館の重要性

I37_oY012B0ZlFi1501585072

私が難民キャンプを訪れ、感じたことは、生きていくために最低限必要な物資は支給されているが、心の面での支援が必要であるということです。現在、第三国定住の受け入れが終了し、シリア難民やミャンマー国内での支援のために多くのNGOが難民キャンプから撤退する中、本国帰還のみが難民の人々に残された道となります。

しかし、いつ本国帰還できるか不明確なまま、多くの人々は難民キャンプで暮らしています。このため、将来への不安などからくる精神的負担が人々の間にあります。実際、難民キャンプ内でのDVや自殺が発生しているそうです。

この、「心の支援」という点で図書館は重要な役割を果たしています。難民キャンプの外の世界や新しい考え方を知り、想像力をはたらかしたり、将来への希望を持ったりすることができます。難民キャンプ内には本屋は一つもありません。もっと勉強したいとき、ニュースを読みたいとき、お母さんが子どもに本を読み聞かせしたいとき、本の世界を純粋に楽しみたいとき、人々は図書館に行きます。

TcuNEBEW1SMJgiR1501585604

難民キャンプの中で図書館という存在は、私が以前考えていたよりも大切なのだと実感しました。

 

3)私の当たり前は当たり前じゃない

難民キャンプにきて、そこで生活する人々をみてきました。彼らには、私が当たり前と思っていた自由がありませんでした。日本では学校に行き、夏休みにはちょっと旅行に行くようなごく普通なことが多くの人にとっては当たり前ではありません。

例えば難民キャンプの人々はキャンプの外に自由に行き来できません。放課後は家族のために働かなくてはならない子どもたちもいます。放課後は部活したり、友達と遊んだりしていた自分とのギャップが大きくて、私がこれまで当たり前と思っていたことの多くは当たり前じゃないのだなと感じました。

unnamed-min

このギャップは難民キャンプだけでなく世界中の多くの人々に当てはまることだと思いますが、キャンプで時間を過ごし、このように肌で感じることができたことは貴重な経験だったと思います。

 

3)これから

これから、少しずつながらも本国帰還する人が増えるにつれ、難民キャンプ内でNGOが事業撤退していき、人々に対する支援は減少していきます。そんな中、シャンティは最後まで難民キャンプへの支援をつづけるとのことです。

最後の1人が本国帰還できるまで、人々に希望を与える存在であり続けるシャンティと、私が研修を終えた後も関わっていけたらなと思います。

 

librarians and me-min

また、私は今回の研修を通して、やはり将来は国際協力の分野に関わって働きたいと強く感じました。以前からネットや本などで知っていた問題でも、いざ目の前にして話を聞くと心が強く揺さぶられ、このように基本的人権が保障されていない人々と寄り添っていきたいと再確認しました。今回現場で目の当たりにしたことを知らんぷりして生きていくことはできないなと思いました。

 

ちなみに、先日の職員会議で今年のRCC(Refugee Children Cultural Festival)のテーマが「We are Family」に決まりました。この事務所に来てたった1ヵ月だけの期間でしたが、言語も文化も違う現地職員の皆さんが毎日親切に接して楽しませてくれたこと、そしてここの事務所で働く皆さんが家族のような関係だと感じたことから、RCCFで集う13の異なる民族の子どもたちが、まるで1つの大きな家族のようにお互いの違いを尊重しつつ、仲良く楽しい時間を過ごしてほしいという願いを込めて提案させてもらいました。RCCFの成功を日本からですが、願っています。

 

最後に、今回このような貴重な経験をすることができたのも、プログラム運営から出発前の準備に至るまでお世話になった東京事務所の職員の山本さんと伊藤さん、キャンプ内でカレン語から英語への通訳やお世話をしてくださったBRC現地職員の皆さん、休日に色んな所に連れて行ってくださったり、私が不自由なく過ごせるように日々気にかけてくださったBRC日本人職員の菊池さんとインターンの田村さん、そして快く送り出してくれた日本の家族のおかげだと思い心から感謝しています。
本当にありがとうございました。

 

ミャンマー難民事業事務所
研修生 柳原 杏

 

Hello, I am An Yanagihara and I am a trainee at BRC office* at Maesot. I have been here for almost 4 weeks for my training program from SVA*. Today, I would like to share my experience.

1)Maesot
First of all, Maesot is a small city in western Thailand. We can walk across the border to Myanmar from Maesot. BRC office is located in Maesot and it is where I lived. There are many good restaurants and many dogs. I love Thai food, because they are cheap and tasty. (I would have gained lots of weights if I stayed here longer.)

2)What have I done and learned?
I think I experienced many things. I learned the importance of NGOs. Working for NGO, at least at BRC office, going to camps needs physical strengths and psychological strengths. Long drives and muddy roads to camps can be tiring. But everything including accidentally sleeping over at library (due to bad roads conditions) and talking to people at camps were very exciting and sometimes surprising. I enjoyed every part, because people around me were kind and funny. With the NGOs that work closely to the people at camps, the aids and entire international cooperation system works right. Thanks to the staffs, I could see how people live and feel at camps. Working in NGO, staffs can hear from the people and know what they need and want from aids. This is also another important characteristic of working in NGO.
At camps, I learned the importance of libraries at camps. As you know, many people live in camps, not knowing when they will be able to go back to Myanmar or resettle in other countries. Some people commit domestic violence or even suicide. In this sense, “supports for mind” is necessary. Then, libraries can motivate people to know other cultures and other ways of thinking and other ways of living. Libraries enable people to have imagination and have a hope for their future. Libraries can also be used for teachings at schools. As I saw in RTT trainings*, teachers now have wider choices of teaching materials, which will improve knowledge for children. Therefore, libraries can be beneficial for people’s mind and brain.

3)What did I think and feel?
One thing I thought was that seeing(experiencing) is better than hearing. (it’s a proverb/saying in Japanese) I have seen news and read articles about refugees online or from books before. But, actually experiencing is totally different and it’s very meaningful. This experience will not be erased from my memory and my heart.
Other thing I felt was that what I took for granted is not true for others. Going to school and play sports or hang out with friends, like going for shopping on weekends or travelling abroad on holidays. This is something that I used to take for granted. I thought this was normal life, or normal Japanese life. But now, I know that this is something that I should be grateful for. Especially after visiting refugee camps and the garbage mountain in Maesot, and saw people working or living nearby. I thought the gap is too big. I knew that there would be this kind of gap, but I felt it so real. In short, I felt I should be thankful for what I have. The fact that I had the opportunity to realize this is very precious for me.

4)Future
In the future, maybe, as people at refugee camps will gradually return to Myanmar, SVA needs to think how it will continue its work. No matter what decision SVA will make, I would like to keep in touch with SVA and support its activity, even after I go back to Japan.
For my future, I realized that I would like to work in the field of “international cooperation and human rights”. As I thought before, I would like to work for people who don’t have fundamental human rights because of the environment they were born. So, this trainee experience was very meaningful that I could make sure again about what I want to do in the future. This was my very first experience in this field and very important. I will never forget what I learned and the time I spent.

5) “We are Family”
One more thing. The other day, we chose a theme for this year’s RCCF (Refugee Children Cultural Festival), which is “We are Family”. I proposed this word, for two reasons. First, even though I was here for a very short time, the staffs working here made me comfortable and feel at home, and I appreciate it. The second reason is that when I saw the staffs working together and eating together, I thought they seemed like one family. So, for RCCF, I want all the children from 13 different ethnic groups to come together, respecting each difference and have fun together! I wish the success for RCCF from Japan.

Lastly, thank you very much for the kindness and hospitality each of the staffs game me, and each time you made me smile and feel comfortable being here. Thank you to local staffs for translating, teaching me Karen and Thai, and giving me food. Thank you to Ayano san and Momoka san (Japanese staffs working at BRC office) for caring me to make sure that I am happy here. I am very happy that I decided to come here. I hope everything will go good for you and SVA. Thank you.

Trainee at BRC office
An Yanagihara

*BRC: Burma Refugee Camp
*SVA: Shanti Volunteer Association
*RTT: Residential Teacher Trainer

★他のNGO海外研修プログラム参加者の声もぜひご覧ください。

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト