シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. “難民”から顔が見えるあなたへ

“難民”から顔が見えるあなたへ

2017.9.10   NGO海外研修プログラム参加者募集ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ

コトサリヤー?(準備できた?)
コトサリ!(準備できた!)コトサリ!(準備できた!)
オサク!(幸せ!)オサク!(幸せ!)

(There is a English versition, please scroll to the bottom!)

こんにちは!いきなりすみません。これは、紙芝居や絵本の読み聞かせをする前に子どもたちとするカレン語での手遊び歌です。

P8291562

(実際にコミュニティ図書館で子どもたちとかけ声をする現地職員)

改めまして、8月からシャンティミャンマー(ビルマ)難民事業事務所で研修を受けている共立女子大学4年の渡井ひかるです。勤務初日から道に迷ったり、自転車で転んだり、体中に発疹が出て病院に行ったり…と色々ありましたが、温かい現地職員の方のサポートの下、メ―ソットの美味しいタイやビルマ料理、ムエタイやヨガを楽しんでいたら、あっという間に3週間がたってしまいました。

IMG_3932

IMG_4048  IMG_3957

今回は3週間の研修で学んだこと、感じたことについて書かせて頂きます。

1.難民キャンプの姿
タイ・ミャンマー(ビルマ)(*以後ミャンマーを使います。)国境地帯には最も古いもので1984年から現在まで、9つの難民キャンプがあり、難民支援、人道支援、第三国定住の過程を経て、今は開発・本国帰還支援の段階へと移っている時期です。私は、現地職員と共に4つの難民キャンプを訪問する機会がありました。

私が想像していた難民キャンプは暗く、生活に困っている人が沢山いるようなものでした。しかし、初めて訪れたキャンプは、私の想像とは異なるものでした。

難民キャンプの中へ入ると、そこには沢山の住居、そして出店や食事をする店があり、キャンプというよりも、まるで一つの大きな村のようでした。子どもたちは学校へ通い、外で笑って遊んでいる。私には、これが閉鎖へと向かっている、将来なくなってしまうもののようにはとても思えませんでした。

P8291595

P8291527

(難民キャンプ内の様子)

2.数字から顔の見える一人へ
2017年7月31日現在タイ・ミャンマー国境地帯にある難民キャンプの人口は*100,238人です。私が会った人は、そのうちのほんの数十人でした。それでも一人一人に家族や人生そして生活が私たちと同じようにあることを教えてくれました。
近い将来アメリカへ第三国定住するために、今も手続きを進めている人。病気を抱える親のために、病院がある難民キャンプに住んでいる人。数年後にはタイ国内で働きたいと語る人。ミャンマー国内より安全だから難民キャンプに住んでいる人。”難民”、”100,238”という言葉や数字では表せない一人一人が今も暮らしています。
(*UNHCR Thailand-Myanmar Cross Border Portal,Refugee Population Overview – July 2017)

IMG_4600

3.コミュニティ図書館の存在
4つの難民キャンプを訪問することで分かったことがありました。それは、学校・病院・電力へのアクセスは土地柄や規模にとって異なりますが、コミュニティ図書館だけは変わらずにあるということです。もちろん、図書館の数や規模はキャンプによって多少異なりますが、色とりどりの折り紙で作られた装飾や子どもたちの絵で飾られた図書館は、電気がなくても明るい雰囲気が伝わってきます。ある学校教員は、コミュニティ図書館についてどう思うかという質問に対して、子どもたち、大人そしてコミュニティにとっても良いのだと答えてくれました。また、教員の中には、学校の授業で図書館から借りた本やビルマ語から英語への辞書を活用していると話してくれる人もいました。

P8301640

P8301627 P8291464

(コミュニティ図書館内の様子)

4.教育が持つ可能性
難民キャンプを訪れて驚いたことのひとつに、難民の方の英語能力です。難民キャンプによっても異なりますが、基本的には、子どもたちは保育園からカレン語、ビルマ語、数字に加えて、英語を勉強し始めます。実際に学校を訪れると、英語の授業をしている様子を見ることができました。どの教室も仕切られていますが、照明はなく、あるのは黒板と机と椅子のみで、子どもたちが持っているものも、筆記用具と教科書のみです。教員も教科書のみで指導しているようでした。日本の英語教育のような映像や音声教材があるわけでもありません。外国の支援団体と話すことはあっても全員ではありません。ある難民キャンプを訪問した時に、*TYVの女の子は高校生にも関わらず、カレン語から英語へ流暢に通訳してくれました。将来オーストラリアに行きたいという彼女の希望がどうか実現しますように。

(*Toshokan Youth Volunteer の略称)

P8311680

(難民キャンプ内の学校で英語の授業を受ける生徒)

5.難民に寄り添うって何だろう?
私は、研修を通して難民の方が思っていることを知ることを一番の目標としてきました。正直、この研修期間で、難民の方が思っていることを知り、理解できたかというと本当に一部しか捉えられることができなかったのではないかと思います。それは、研修が悪いとかではなく、1か月という短い期間、自分の語学のレベルが足りなかったことなど、あげたらきりがありませんが、一番は自分が彼らにとの間に距離を感じてしまったということです。その上で、改めてミャンマー難民事業事務所が掲げる“難民に寄り添う活動”って何だろうと考えていました。そして、私が思い浮かんだのは現地職員の自分の家族のように難民の方に接する姿でした。先の見えない困難な難民生活で人が本当に必要としていることは物質的なつながりだけではなく、ただ、一緒に話したり、食事をしたり、その中で自然に生まれる関係なのではないかと思いました。

P9051978

(現地職員と図書館委員との話し合いの様子)

6.国境の街メ―ソット
メ―ソット市内からタイとミャンマーの国境まで自転車で30分程度で行けます。IMG_4364

(撮影地点はタイで川の向こう側はミャンマー)

メータオ・クリニックは約30年前にミャンマー国内の内紛からタイに逃れて来たミャンマー人のためにできた無料の診療所です。民族や宗教を問わず、国境地帯で生活するすべての人々を対象に日々医療を提供するため奮闘しています。

IMG_4298

ゴミ山は、強烈なにおいにも関わらず、小学生くらいの子どもから大人までゴミを集めています。周囲には家らしきものがありますが、衛生的に良いとはとても言えません。

IMG_4532 IMG_4546

ゴミ山近くのSky Blue学校では子どもたちが遊んでいました。

IMG_4516

7. 今後について

今週難民キャンプのコミュニティ図書館で現地職員、図書館委員、TYV、学校教員らを含めた四半期会議が行われました。各立場からの報告後、参加者からの提案の中には「難民キャンプが閉鎖するまで、コミュニティ図書館を利用したい。」、「ミャンマーに帰国しても、図書館を利用したい。」という意見がありました。今後、難民キャンプが閉鎖され、難民キャンプからミャンマーへ帰国することになっても彼らは現在も続くミャンマー国内の少数民族、教育や医療環境の問題などに向き合い続けます。

この3週間、難民キャンプで、メ―ソットで出会った様々な支援団体は、分野や活動内容が違っても、そこに自分ができる事をして日々を過ごす人の姿がありました。

私が、研修を終え、日本へ帰国したら、直接難民キャンプで暮らす人々の声を聞くことはなかなかできませが、これからもミャンマー難民事業事務所を応援すると共に、自分なりに難民キャンプで、メ―ソットでそしてミャンマーで暮らす難民の方のためにできることをしていきたいです。

あと、1週間となってしましたが、研修の事前準備をお手伝い頂いた東京事務所の山本さん、伊藤さん。快く受け入れてくれた難民キャンプの皆さん。メ―ソットで出会い関わったすべての方。そしていつも研修から生活に至るまで支えて頂いるミャンマー難民事業事務所の皆さん本当にありがとうございました。ターブルパドゥー!(Thank you so much!)

IMG_4139

This is same contents written in English.(*以下英訳です。)

Kotosariya? (Are you ready?)

Kotosari! (I’m ready! ) Kotosari! (I’m ready!)

Osaku! (I’m happy! ) Osaku! (I’m happy!)

Hello! I’m sorry for suddenly but this is a play song in Karen languages before reading of picture-story shows and picture books to children.

I’m Hikaru Watai, a senior student at Kyoritsu Women’s University and has been taking a training at Shanti Myanmar(Burma) Refugee Project Office since  this August. I experienced a lot of unexpected incident such as losing ways on the first day, falling off my bicycle, getting a lot of rush over my body and going to the hospital…etc. Thanks to support by kind local staffs, I could enjoy delicious Thai and Burma dishes and even Muay Thai and Yoga and 3 weeks passed very quickly.

I’m going to tell you about what I learned and felt through the three weeks training.

1.Refugee Camp

There have been nine refugee camps along the Thailand and Myanmar(Burma) (*I use Myanmar in this writing.) border since 1984. And now, the phase of those refugee camps is changing from refugee assistance and humanitarian assistance to development and repatriation. Fortunately, I had opportunity to visit four camps with local staffs until now. The camp which I visited for the first time was different from what I imagined such as dark and people who are suffering from poverty.

Once I entered the refugee camp, there are many houses and stands and small restaurants and it’s like a one big village. Children study at school and play outside with a smile. I couldn’t believe that this is going to be closure in the future.

2.From number to one person

Today the refugee population of nine camps along the Thailand and Myanmar border is *100,238 on 31t July in 2017. I met only several dozen of people but they told me that every refugee has family and life as well as us. There is a refugee who is going to go to the United States of America in the near future and taking a procedure to do so. A person lives in a refugee camp because he wants his parent to go to the hospital to see a doctor in the camp. A man tells me he wants to work in Thailand in a few years. A woman chose a camp to live because of the safety. Now each person who you can’t express exactly as the word “refugee” and the number,“100,238” lives in refugee camps.

(*UNHCR Thailand-Myanmar Cross Border Portal, Refugee Population Overview – July 2017)

3.Existence of Community Library

Through visiting four different camps, I found one thing that access to schools, hospitals and electric power depend on the place and size of the camp but Community Libraries are always in every camp. Off course, numbers and size of Community Library are a bit different among nine camps but libraries are decollated by multi-colored paper folding and drawings by children and have bright atmosphere even there is no artificial lights in the library. One school teacher answered the question “What do you think of Community Library?” that “It’s good for children, adults and communities.” Also, the other school teacher told me that she uses library books for teaching students and use a dictionary to translate from Burmese to English.

4.Possibilities of education

One of the surprising thing for me through visiting refugee camps is English language skills of people livening in the camp. It’s depends on the camp but basically refugees start to learn English including Karen languages, Burmese and Numbers since they are nursery school children. When I visited the school, I could see the English class. Each class room is divided by walls but there are no artificial lights and only a blackboard, desks and chairs. In addition, students have only notebooks and pencils. Teachers seems to use only a textbook to teach them. There are no language learning materials from voice and video. Even though some refugees have opportunities to talk with worker from foreign support organization, not all of them. When I visited a refugee camp, one member of* TYV high school girl interpreted frequently Karen language into English for me. She told me she wants to go to Australia in the future. I desire that she will realize her that hope.

(*Toshokan Youth Volunteer)

5.What is staying beside refugees like?

During the training, my target is to know what refugees think. To be honest, I think I could understand only a small part of thoughts until now. And I don’t mean that this training was bad but because of the short term, lack of my speaking skills so on… But the reason why I can’t understand them is I felt sense of distance between me and them. Since then I have been thinking about “what is staying beside refugees like?” which Myanmar Refugee Project Office sets as one of the basic policy. And local staffs who work with refugees as one of the member of their family came to mind. I think what refugees who spend uncertain days really need is not only physical support but also mental support such as just talking and eating with them and natural relationships through the actions.

6.Border city Maesot in Thailand

You can arrive borderline between Thailand and Myanmar for about half an hour by bicycle from Maesot city.

Mae Tao Clinic founded for Myanmar people who came to Thailand to escape from conflicts in Myanmar and provides free health care. In this moment the clinic struggles to provide medical care for all people who live around the border area without any ethnic groups and religions.

Rubbish heap smelled strong odor but there were many people from children seems to be elementary school students to adult to gather rubbish. There are some houses around the heap and I can’t say it’s clean enough to live.

Children are playing in the Sky Blue School near the rubbish heap.

7For the future

There were Quartery Meetings in this week at Community Library in refugee camps include local staffs, Library Committee, TYV and school teachers.

After reports from each position, there were some suggestions from participants including “We want to use Community Library until the refugee camp close.”, “I f we go back to Myanmar, we want to continue to use a library there.” In the future, if refugee camps close and refugees go back to Myanmar from the refugee camp, they need to continue to face problem of ethnic groups, education and health care.

Each various support organization which I met and knew in refugee camps and Maesot during this training has different area and activities but there are same people who are doing what they can do every day.

After I finish this training and go back to Japan, I can’t hear the voice from people who are living in refugee camps so often directly but  I’ll continue to support Shanti Myanmar Refugee Project Office and I want to keep doing what I can do for refugees who are living in refugee camps, Maesot and Myanmar.

It’s only one week before I finish this training. I’d like to say Thank you so much Mr. Yamamoto-san and Ms. Ito-san in Shanti Tokyo Office for helping me to prepare for the training. Thank you so much everyone who are living in refugee camps for welcoming to me willingly. Thank you so much for everyone who I met in Maesot. And thank you so much all staffs in Shanti Myanmar Refugee Project Office for supporting me from life to training. Thank you so much!

2018年春期の「NGO海外研修プログラム」の参加者を募集しています。
募集締め切りは2017年10月4日までです。お早目ににお申し込みください。

2018年春季「NGO海外研修プログラム」募集要項

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト