シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 【12/6】東日本大震災支援活動 記録誌『試練と希望』お披露目会

【12/6】東日本大震災支援活動 記録誌『試練と希望』お披露目会

2017.11.10   イベント東日本復興支援

rikuzentakata_staff

2011年3月宮城県気仙沼市から始まったシャンティの東日本支援活動も、福島県南相馬市での活動を除けば、2016年5月の気仙沼事務所、2017年3月山元事務所、7月岩手事務所での活動終了とともに1つの区切りを迎えることとなりました。同時に、これまでの活動における記録と教訓をまとめた記録誌『試練と希望 東日本大震災・被災地支援の2000日』が2017年12月に発刊の運びとなりました。本記録誌のお披露目を兼ねて、シャンティが東日本大震災被災地支援の経験から学んだ教訓について、参加者のみなさまと共有する時間を持ちたいと思います。

シャンティの東日本大震災支援活動にご協力くださったみなさま、
日頃からシャンティを支えてくださっているみなさま、
東日本大震災支援活動に従事されている団体、ボランティアのみなさまに、
ぜひご参加いただけますと幸いです。

※会場にて記録誌『試練と希望 東日本大震災・被災地支援の2000日』も販売します

イベント概要

日時 2017年12月6日(水) 18:30~20:00(開場 18:00~)
会場 曹洞宗 萬亀山 東長寺 文由閣 3F
(東京都新宿区四谷4-24-3)
最寄駅:都営新宿線「曙橋」駅 A1出口より徒歩8分
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑」駅 大木戸門出口より徒歩8分
東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅 徒歩9分
登壇者 ●大菅 俊幸
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
専門アドバイザー
曹洞宗総合研究センター講師
●関 尚士
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
事務局長
●古賀 東彦
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
南相馬事務所所長
定員 50人(要事前申込)
参加費 無料
主催 公益社団法人 シャンティ国際ボランティア会
  • 雪の日も運行した移動図書館
  • 移動図書館活動の様子(シャンティ国際ボランティア会)

登壇者

  • 大菅 俊幸
    (シャンティ・専門アドバイザー 曹洞宗総合研究センター講師)
    高校教員などを経てシャンティの創立者有馬実成師に共鳴し、1995年入職。国内事業、広報畑で活動。2014年より専門アドバイザー。2017年9月、『慈悲のかたち―仏教ボランティアの思考と創造』(佼成出版社)を発刊。その他の著書に『泥の菩薩―NGOに生きた仏教者 有馬実成』(大法輪閣)。
  • 大菅俊幸(シャンティ国際ボランティア会アドバイザー)

 

  • 関 尚士
    (シャンティ・事務局長)
    1990年入職。フィリピンにて地域開発、プログラム・ディベロップメント&マネージメントを学ぶ。1998年にラオス人民民主共和国へ赴任し、基礎教育教材の開発や統合的な地域教育環境の改善活動に携わる。2003年に帰国し、緊急救援室室長に着任。阪神淡路大震災における救援活動を起点に、国内外の災害救援活動に従事。2006年1月より国内事業課長、2008年4月より現職。
  • 関 尚士(シャンティ国際ボランティア会事務局長)

 

  • 古賀 東彦
    (シャンティ・南相馬事務所所長)
    編集者として、小説・エッセー、国際文化、海外留学、日本語教育などの分野の編集に携わる一方で、学童保育や高齢者施設での朗読ボランティア、区立図書館の音訳奉仕者なども務める。2009年1月入職。本で寄付するプロジェクト、アジアの図書館サポーター担当を経て、2011年6月より東日本大震災支援事業に従事。

申込フォームからお申し込みください

申し込む

お問い合わせ

シャンティ国際ボランティア会 担当:鈴木、木村
TEL:03-6457-4586 MAIL:suzuki@sva.or.jp

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 特集:35周年特設サイト