シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. ニュースレター「シャンティ」2018年冬号を発行

ニュースレター「シャンティ」2018年冬号を発行

2018.1.15   東京事務所より

ニュースレター「シャンティ」2018冬号 表紙

こんにちは、広報担当の召田(メスダ)です。

ニュースレター「シャンティ」Vol.293(2018年冬号)ができあがりました!

※ニュースレター「シャンティ」は、季節毎に発行し、シャンティの会員アジアの図書館サポーターのみなさんに最新号を郵送でお届けしています。

2011年3月11日に発生した東日本大震災から、7度目の冬を迎えました。復興が進む地域がある一方、いまだ震災前の暮らしを取り戻せていない地域もあります。この7年間、シャンティは人々に寄り添い、復興に向けて共に歩んでまいりました。被災地での活動を振り返り、新たに踏み出した一歩をご紹介するため、ニュースレターで特集を組みました。

特集「東日本大震災から7年-復興へ向けたバトンリレー」

特集では、これまでシャンティが気仙沼で取り組んできた事業や、東北3県で行った移動図書館活動、そして現在も継続中の福島・南相馬での活動をまとめました。活動する上で大切にしてきたことや、移動図書館を利用してくださった方の声、地元の方々へ活動がバトンタッチされている様子もご紹介しています。東日本での活動にご協力くださった方々はもちろん、シャンティの復興支援事業をご存じでない方にも、活動の経緯や現在の様子についてお伝えできるよう編集させていただきました。

ニュースレター「シャンティ」2018冬号 東北での移動図書館活動

 

活動の現場からレポート

クラウドファンディングサイトReadyforを通じてご支援いただいた陸前高田市の図書室のその後や、福島県・南相馬での活動についてもご紹介しています。

ニュースレター「シャンティ」2018冬号 南相馬事務所の活動

 

これまでの東日本大震災被災者支援活動や、現在行っている福島・南相馬での活動について詳しくは、こちらのページでもご紹介しています。

東日本大震災被災者支援活動について|国内での活動

ブログ|南相馬事務所の活動|東日本復興支援

 

※ニュースレター「シャンティ」はインターネット上でもご覧いただけます

パソコンやスマートフォン、タブレットなどで、電子ブックとしてインターネット上でもご覧いただけます。

ニュースレター「シャンティ」Vol.293の電子ブック閲覧はコチラから

 

約6年間の被災地支援をまとめた記録誌も発売中

東日本大震災発災直後から活動を開始し、約6年に渡る活動の軌跡と、活動に関わった方々の声をまとめた記録が本になりました。タイトルは『試練と希望 東日本大震災・被災地支援の二〇〇〇日』です。ぜひ、手に取ってご覧いただけますと幸いです。

(※ご注文はシャンティでも受け付けています。詳しくは以下のページをご覧ください)

2011年3月からの東北での取り組みが「本」になりました

 

復興も次のフェーズへと移行しはじめていますが、そこに至るまでの道のりは決して平坦ではありませんでした。そして、これからもその道は続いていきます。これからも「共に歩む」という姿勢を大事に取り組んでまいりたいと思います。

※よろしければ、ニュースレター「シャンティ」を読んだご感想などをシャンティのFacebookページTwitter(@sva_1981)までお寄せいただけると幸いです!

シャンティ東京事務所
広報課 広報担当 召田安宏

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。