シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. 【南相馬】寄席を開きました

【南相馬】寄席を開きました

2018.6.24   東日本復興支援

6月19日・20日の両日、福島県南相馬市で、公益社団法人落語芸術協会共催により「寄席」を開きました。

東京からお越し願ったのは、同協会所属の真打・春風亭柏枝(しゅんぷうていはくし)師匠、紙切りの林家花(はやしやはな)さんのお二人。噺や手技はもちろん! 落語ミニワークショップあり、師匠の踊りの披露ありで、たいへん盛り上がりました。

rakugokai04
大勢の方が柏枝師匠の噺に夢中。

rakugokai02
花さんのはさみと紙の動きに目がくぎづけ。

このような形での開催は、2016年2月(小高ひまわりカフェ)、2017年11月(小高保健福祉センター)に続き3年連続。今回は、小高区とともに、原町区、鹿島区と、南相馬市の3区で開催することができました。

どの会場も笑い声でいっぱいに。

rakugokai03
サロン担当の方にお願いし、師匠の生徒さん役に。湯呑み茶碗を持っているところ。そばの器の持ち方とは、確かに違いますね。

 

今回の寄席開催にあたり、関係皆様のご協力に心より感謝申し上げます。

南相馬事務所 古賀東彦

●サロン寄席/おだかようちえん寄席
シャンティ国際ボランティア会、落語芸術協会共催/みんぷく協力(復興団地にて)
6月19日 上町復興団地(原町区)
6月20日 小高保健福祉センター(小高区)
小高幼稚園(小高区)
西町復興団地(鹿島区)

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。