シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. いざ、国際協力の現場へ!(カンボジア編)

いざ、国際協力の現場へ!(カンボジア編)

2018.9.14   カンボジア

チュムリアップ スオ(こんにちは、こんばんは)!

2018年8月27日より、カンボジア事務所に赴任いたしました川村です。

私事になりますが、昨年度ミャンマー事務所での長期有償インターンを経て、今年4月に入職、東京事務所事業サポート課で約半年間勤務し、この度カンボジア事務所へ赴任となりました。

自己紹介はここまでとして、何よりもまず9月6日未明に発生した北海道胆振地方中東部を震源とする地震で被災された皆さまへ、心よりお見舞い申し上げます。

西日本地域に甚大な被害をもたらした平成30年7月豪雨の傷も癒えないなかで、今回の北海道地震の報せを受け、いつ何時何が起きても不思議ではない世の中であることを、カンボジアに居ながら改めて思い知った次第です。

先の西日本豪雨発生後には、本当にたくさんのカンボジアの皆さんからあたたかいメッセージや募金をいただいたと同時に、“Pray for Japan”というカンボジアから日本の被災地へエールを送る運動が自主的に行われたことは、記憶にも新しいところです。

(カンボジアの“Pray for Japan”運動の詳細については、こちらをご覧ください。)

困ったときはお互い様、一人の力ではどうにもならない苦しい状況で手を差し伸べることができるかどうか。このような人と人との紐帯が国境や宗教を越えて実現するなら、平和な世界が実現する日はそう遠くはないでしょう。

バッタンバン州バベル郡の幼児教育事業対象校でのフォローアップ・モニタリングの様子

(バッタンバン州バベル郡の幼児教育事業対象校でのフォローアップ・モニタリングの様子)

私は、国際協力の本質はここにあると思っています。

これこそが、私のミッション(使命)・パッション(情熱)・ドリーム(夢)なのです。

カンボジアのためにできることは、1ミリにも満たない本当に少しのことかもしれませんが、SVAの一員として、そして一人の日本人として、これからカンボジアのために汗をかきたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します!

(バッタンバン州にある「天空寺院」、ワット・プノン・サンポー)

(バッタンバン州にある「天空寺院」、ワット・プノン・サンポー)

いつもシャンティブログを読んでいただき、ありがとうございます。

カンボジア事務所 川村 圭

※本活動は、外務省主催平成30年度NGOインターン・プログラムの一環として実施されています。

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。