シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. ニュースレター「シャンティ」2018年秋号(特集:世界と日本の図書館事情)を発行

ニュースレター「シャンティ」2018年秋号(特集:世界と日本の図書館事情)を発行

2018.10.5   東京事務所より

ニュースレター「シャンティ2018秋号(Vol.297)」

こんにちは、広報担当の召田(メスダ)です。

シャンティが年4回、春夏秋冬に発行しているニュースレター「シャンティ」Vol.297(2018年秋号)ができあがりました!

※ニュースレター「シャンティ」は、シャンティの会員やアジアの図書館サポーターに最新号を郵送でお届けしています。

今回は「世界と日本の図書館事情」と題し、特集を組みました。

あなたにとって“図書館”とは、どんな場所ですか?本を読むところ、落ち着ける場所、隠れ家・・・。日本では「本を読み、借りる場所」という印象が強い図書館ですが、スラム出身の子どもたちにとっては「心のオアシス」であり、難民キャンプでは「世界と繋がれる唯一の場所」となっています。

特集「世界と日本の図書館事情」

160カ国・1600団体が加盟している図書館の国際組織、国際図書館連盟(IFLA)によると、いま世界では少なくとも約220万の図書館が存在しています。社会状況によって、求められる図書館の役割は異なります。国によって図書館の教え方が違ったり、カウントされていない種類の図書館があったり、実際の数は多少増減するかもしれませんが、国や地域ごとに特色のある図書館サービスを展開しています。

特集:世界と日本の図書館事情

かこさとし先生が遺した世界中で愛される絵本たち

絵本作家・児童文化研究家として活躍され、2018年5月2日に92歳でご逝去されたかこさとし先生。シャンティはこれまでに「絵本を届ける運動」を通じて、かこ先生の絵本5,867冊をアジアの子どもたちに届けてきました。絵本作家としての活動だけでなく、海外での識字活動にも積極的に取り組まれてきたかこ先生の絵本を手にした子どものメッセージをご紹介しています。

かこさとし先生が遺した世界中で愛される絵本たち

 

人気企画「世界の絵本を読んでみよう」

シャンティが各国で取り組んでいる絵本出版のご紹介コーナーです。多くの方から「楽しみにしている」という声をいただいています。

世界の絵本を読んでみよう ミャンマー「かすがいのステッキ」
ミャンマー 2016年 シャンティ出版絵本「かすがいのステッキ」

 

※ニュースレター「シャンティ」はインターネット上でもご覧いただけます

ニュースレター「シャンティ」を読んでみたい!という方は、ぜひ電子ブックでご覧ください!

ニュースレター「シャンティ」Vol.297の電子ブック閲覧はコチラから

過去のニュースレター「シャンティ」紹介記事はコチラから

 

また、シャンティの会員やアジアの図書館サポーターの方には、発刊の度に郵送でお届けしています。子どもたちに教育の機会を届けるためには、太くて短いその場限りの取り組みではなく、細くとも長い支援が必要不可欠です。ぜひ、私たちシャンティの活動を継続的にサポートしていただけますと幸いです!

シャンティ東京事務所
広報課 広報担当 召田安宏

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。