What we do / シャンティの活動内容

海外での活動

  1. ホーム
  2. 活動内容
  3. 海外での活動
  4. ネパール

Nepal / ネパール

2015年4月に発生したM7.8の大地震でネパールは大きな被害を受けました。建物だけでなく子どもたちの心にも爪あとを残したネパール。2017年に事務所を開設し、学校建設や防災教育の取り組みを開始しました。

ネパールでの活動を詳しく見る

ネパールの歴史と教育問題

1996年から2006年まで、ネパールでは11年間内戦が続き、農村部や山間部では激しいゲリラ戦が繰り広げられていました。2015年の震災前から、農作業への従事や経済的な理由で学校を中退する子どもが多く、義務教育である中学校を卒業できる子どもは71.3%にとどまります(2018年)。識字率も66%(男性75%、女性57%)です(2011年)。

詳しくはこちら

これまでの支援活動

2015年の大地震から復興に進もうとしているネパール。高校まで無償化されたことで教育へのアクセスは大きく改善しましたが、学校教育の質が低いこと、いまだ成人識字率が低く、地域や民族の格差が広がっていることが問題となっています。

詳しくはこちら

スタッフ紹介

ネパール事務所で働くスタッフを紹介いたします。

詳しくはこちら

ネパールの事業を指定して寄付をする

詳しくはこちら

ネパールに関するブログ記事はこちら

  • 20210502_175755

    ネパールの学校の規則

    2021.5.7  ネパール

    ナマステ。ネパール事務所長の三宅隆史です。 今回は学校の規則を紹介します。学校ごと学年ごとで規則は異なります。通常、学校運営の研修を受けた教員が生徒と一緒に作成します。写真はある学校の10年生(日本の高校2年生にあたります)の教室に掲示されていた規則です。 1.私たちは遅刻しない...

  • smart

    教員研修でのアイスブレーキング

    2021.4.6  ネパール

    ナマステ。ネパール事務所長の三宅隆史です。ネパール事務所では、学校の各教室に約100冊の本を配架した図書コーナーを設置しています。ネパール語の絵本や図書はネパールで購入できます。図書コーナーを設置する前に、子どもの発達における絵本の意義や読み聞かせや紙芝居の演じ方についての教員研修を行います。 ...

  • 作成した地域学習の教科書

    ネパール事務所の新たな挑戦~ふるさとを知る授業を作る~

    2021.3.7  ネパール 東京事務所より / 

    みなさんのふるさとは、どこですか?今は、どんな街で暮らしていますか? そして、どれだけその街を知っているでしょうか? ネパールには、子どもたちが自分の暮らす地域について学ぶ「地域学習」という科目があります。日本の学校での社会科や、ふるさと学習、小学校低学年の生活科のに近い科目で、暮らしている...