シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. スラムのイメージをポジティブに!雨の日に持ちたいFEEMUEバッグ

スラムのイメージをポジティブに!雨の日に持ちたいFEEMUEバッグ

2019.6.25   クラフトエイド東京事務所より

こんにちは。クラフトエイドです。

東京が梅雨入りしてしばらくたち、雨や湿気でじめじめした毎日です。
西日本エリアの梅雨入りが遅くて気になりますね。この先も、雨による被害がないことを祈っています。

さて、雨が多いこの季節、洋服やカバンに悩みませんか?
今日は、タイ・バンコクにあるクロントイスラムから生まれたブランドFEEMUE(フィームー)の、雨に強いタープ素材カバンをご紹介します!

142102665_o4
キャンバスタープ・ビッグトート )

バンコクにはスラムが約2,000ヶ所あり、200万人が暮らしています。なんと、約5人にひとりがスラムに暮らす計算になります。最近東京ではタイ人の観光客の方を多く見かけるので、信じられないような数字です。

そして、クロントイスラムには約10万人が暮らしていて、バンコク最大のスラムです。

content_20f27342cd9e0bfb21a6d6e9f55b04d9d356d81f

スラム出身であることが、世間からの偏見や差別につながります。就職の足かせにもなるため、建設現場での日雇い労働、バイクタクシー運転手、手押し車・天秤棒を担いでの商売、内職などで生活をつないでいる人が多くいます。

FEEMUE(フィームー)は、スラムに暮らす人たちが安定した収入を得られること、クロントイが持たれるマイナスイメージを払拭すること、を目標に生まれたブランドです。
FEEMUEはタイ語で「技」「腕前」を意味します。縫製所はクロントイスラム内にあり、スラムに暮らす女性たち6名がアイテムを作っています。

今回ご紹介するタープのバッグ。この半透明のビニール素材は、タイで使用されているお米袋なんです。
お米袋って、どの国でも透明なんですね。

クロントイでは、家の外壁や屋根にビニール素材を打ち付けて日射しや雨を避けるために使っています。
日本でもよく見かけるブルーシートから、このお米袋まで、いろいろなものが使われています。
クロントイ内を歩き回ったデザイナーさんが見つけて、バッグやポーチにデザインしました。

この控えめな透け感がバッグとして使うのにちょうどよくオシャレです。
37755S__3858440 S__3858441
左から、キャンバスタープ・トートバッグ マスタード/ネイビー/ホワイト ¥4,536
キャンバスタープ・トートバッグ(マチ有) ネイビー/ホワイト ¥4,536
タープ・プリーツトート ネイビー/ホワイト ¥2,052
(※オンラインやカタログには載っていません!ご注文はFAX、お電話、メールなどでお願いします)

最後に、FEEMUEで働いて20年以上になるヤオさんの言葉をご紹介します。
ヤオさん吉田さん撮影sPB211307
アカ族のミニペンケースを縫うヤオさん

ヤオさんは、かつて港湾で荷役の労働をしていました。クロントイ内で縫製訓練を受けられると聞いて友人と一緒に参加してから、もう20年以上も働くベテランさんです。

「女性が肉体労働をするのは本当に大変だった。今は私が作るアイテムが、子供たちの教育の機会を作ることにつながっている。ここでの仕事はやりがいがあります」
content_9a2e576e19418e7e6b1dbbf3ec208a0d4f0d11f3

雨の日を、バンコクのスラムから生まれた「かっこいい」バッグと一緒に。
ちょっと気分が明るくなりそうですね。

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。