What we do / シャンティの活動内容

海外での活動

  1. ホーム
  2. 活動内容
  3. 海外での活動

シャンティは、「共に学び、共に生きる」平和(シャンティ)な社会の実現のために、アジアの6つの地域で子どもたちへの教育・文化支援を行なっています。

カンボジア

30年近く続いた内戦が終わり、近年、経済発展を遂げている一方で広がる経済格差、伸び悩む教育の質、貧困、高い非識字など、挑戦すべき課題は山積みのままです。

詳しくはこちら

ラオス

世界貿易機構(WTO)への加盟など国際舞台への参加が促進され、小学校の運営予算の配賦、教員の待遇改善などが図られてきているものの、少数民族や女子などマイノリティへの格差は尚も課題に。

詳しくはこちら

ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ

ミャンマー(ビルマ)の民主化が急激に進む中、難民問題の解決法は第三国定住から本国帰還へと緩やかに加速しています。

詳しくはこちら

アフガニスタン

反政府勢力による攻撃など、厳しい治安状況はまだ続いています。就学年齢児童の4割は今も学校に通えず、成人識字率は26%(女性13%)にとどまっています。

詳しくはこちら

ミャンマー

2011年3月に文民政権が成立後、急激に民主化が進むミャンマー。2014年に事務所を開設し、他国で行ってきた読書推進、図書館活動の経験をいかした事業を展開していきます。

詳しくはこちら

タイ(パートナー団体との協働)

無料保障教育制度の期間が就学前3年間を加えた15年間へと変更されました。しかし地方では、学校運営資金は不足し、経済力の弱い保護者からの徴収も難しく、質の差は広がる一方です。

詳しくはこちら