What we do / シャンティの活動内容

海外での活動

  1. ホーム
  2. 活動内容
  3. 海外での活動
  4. アフガニスタン

Afghanistan /アフガニスタン

治安の安定しないアフガニスタンでは人々の置かれている環境はいまだ厳しく、2010年の小学生の就学率は55%、中学生は32%と依然として低いのが実情です。また使用に耐える校舎を有する学校は50%にとどまり、多数の子どもたちが、テントや野外での学習を強いられています。

アフガニスタンでの活動を詳しく見る

アフガニスタンの歴史と教育問題

ソ連の侵攻、その後続いた内戦などで、教育基盤が破壊されたアフガニスタン。タリバン政権時代には女性教員の就労や女子教育も原則禁止されました。2001年末のタリバン政権崩壊後は、国際社会の支援で教育の復興が推し進められていますが、現在も課題が山積しています。

詳しくはこちら

これまでの活動

2001年9月11日に発生した同時多発テロ後のアフガン空爆を機に、シャンティはアフガニスタンにおける食糧配布を中心とした緊急救援を行いました。2003年より、アフガニスタン国内で、学校建設と図書館活動を中心とした教育支援事業を実施しています。

詳しくはこちら

スタッフ紹介

アフガニスタン事務所で働くスタッフを紹介いたします。

詳しくはこちら

アフガニスタンからのありがとう

現地の子どもたちやスタッフからのメッセージをご覧いただけます。

詳しくはこちら

アフガニスタンの活動に対して支援する

今すぐ寄付する

アフガニスタンに関するブログ記事はこちら

  • 2002カブール全景3

    目を背けずに向き合うこと

    2017.6.6  アフガニスタン

    5月31日にカブールで大規模な自爆テロがありました。 多くの一般の市民が巻き込まれ、死者は150名以上、負傷者は400名以上とも言われています。 カブール中心部の各国大使館が集まる地域を狙った犯行だとみられています。 カブールのその後も別地域での第2弾、3弾の爆発が続き、カブールは緊急事態...

  • s_キャプチャ

    アフガニスタン×RAP

    2017.5.12  アフガニスタン 東京事務所より

    サラーム、事業サポート課の伊藤です。 突然ですが、アフガニスタン出身の女性ラッパーの話を聞いたことがありますか。 私はその存在を、昨年行われたUNHCR難民映画祭にて知りました。 彼女の名は「ソニータ」。 紛争が続くアフガニスタンからイランに10歳の頃に難民として逃れてきまし...

  • アフガニスタン帰還難民支援活動、継続しています!

    2017.4.30  アフガニスタン 東京事務所より

    パキスタン政府による、アフガニスタン難民の本国への強制帰還は昨年から60万人にも上ると言われていますが、今年も引き続き帰還の動きは続いています。今年に入り既に、難民登録がされていない非登録帰還民だけで既に約3万3000人が帰還しているといわれ、これは昨年の同時期に比べても5割増です。 厳しい寒...