What we do / シャンティの活動内容

海外での活動

  1. ホーム
  2. 活動内容
  3. 海外での活動
  4. ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ

Myanmar(Burma) / ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ

ミャンマー(ビルマ)の民主化が急激に進む中、難民問題の解決法は第三国定住から本国帰還へと緩やかに加速しています。

ミャンマー(ビルマ)難民キャンプでの活動を詳しく見る

ミャンマー(ビルマ)難民キャンプの歴史と教育問題

1984年以降、ミャンマー(ビルマ)の軍事政権と少数民族の反政府勢力との抗争などからタイへ逃れた難民は14万人に及びます。教育は、自分たちの故郷から避難してきた人々の希望や尊厳を回復させる上で必要不可欠なものであり、自分たちの足で故郷へ帰り、よりよい未来を築く助けとなります。

詳しくはこちら

これまでの活動

難民キャンプで生まれ育った子どもたちは、祖国を知りません。シャンティの図書館では子どもたちに母語の本に接する機会を作ろうと日夜努力しています。難民キャンプは自由な出入りができないため、大人にとっても心の拠り所となっています。

詳しくはこちら

スタッフ紹介

ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ事務所で働くスタッフを紹介いたします。

詳しくはこちら

ミャンマー(ビルマ)難民キャンプからのありがとう

現地の子どもスタッフからのメッセージをご覧いただけます。

詳しくはこちら

シャンティ国際ボランティア会では、タイ国内にある難民キャンプを「ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ」と表記しています。

1989年に現政権が国の呼称をビルマからミャンマー(正式名称「ミャンマー連邦共和国」)に変えました。この呼称の変更を軍事政権が行ったということもあり、軍事政権に迫害をうけ逃れた人たちが暮らす難民キャンプでは、この変更を否定する傾向もあります。シャンティはその思いを尊重し「ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ」と併記しています。

ミャンマー(ビルマ)難民キャンプの活動に対して支援する

今すぐ寄付する

ミャンマー(ビルマ)難民キャンプに関するブログ記事はこちら

  • Blog_4th

    第四回「図書館にいる人びと」

    2017.10.17  ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ

    こんにちは。 ミャンマー(ビルマ)難民事業事務所の「図書館にいる人びと」第四回をお届けします。 今回ご紹介するのは、キャンプでの研修会開催時にちょうど図書館に本を探しに訪れた男性、キャンプで図書館員として働いている女性、そして大勢の子どもたちが隣の部屋で歌やグループゲームをする中で黙々と読書に励...

  • IMG_3009

    現地駐在ママの奮闘記

    2017.10.6  スタッフの声 ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ

    ハラゲー! ミャンマー(ビルマ)難民事業事務所の菊池です。 今年の夏、国際協力の現場で働くことを志している学生さんたちと話をする機会が多々ありました。彼らと話す中で、自分が学生の時に思い描いていたことを思い出し、懐かしい気持ちになると同時に、今の学生さんは随分しっかりと将来の計画を立てている...

  • Blog_3

    第三回「図書館にいる人びと」

    2017.9.22  ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ

    こんにちは。 ミャンマー(ビルマ)難民事業事務所から、第三回目の「図書館にいる人びと」をお届けします。私たちの事務所のFacebookでは “People At Library”と題して英語でご覧いただけます。 ●「図書館にいる人びと」のストーリー 「私の名前はアウンサンで...