What we do / シャンティの活動内容

海外での活動

  1. ホーム
  2. 活動内容
  3. 海外での活動
  4. ラオス

Laos / ラオス

タイ国内にあったバンビナイ・ラオス難民キャンプで図書館活動や印刷出版事業を行いました。難民キャンプの閉鎖と難民の帰還に伴い、1992年にラオス国内に事務所を開設しました。

ラオスでの活動を詳しく見る

ラオスの歴史と教育問題

1975年の社会主義革命時、旧王国時代の知識層の多くが海外流出し、大量の図書も処分されました。ラオスの出版文化は遅々として進んでおらず、年間の出版件数も限られたものになっています。女子や少数民族など教育の格差も深刻な問題です。

詳しくはこちら

これまでの活動

活動開始当初は電気がなくても印刷ができる謄写版の普及に取り組んでいました。現在は、図書館と読書推進事業と学校教育支援事業を行っています。

詳しくはこちら

スタッフ紹介

ラオス事務所で働くスタッフを紹介いたします。

詳しくはこちら

ラオスからのありがとう

子どもの声や先生方の声をお届けします。

詳しくはこちら

ラオスの活動に対して支援する

今すぐ寄付する

ラオスに関するブログ記事はこちら

  • ラオス・ルアンパバーン県ヴィエンカム郡

    ラオス活動報告会「NGOのプロジェクト運営とは」開催報告

    2017.10.15  イベント情報 イベント報告 ラオス

    2017年10月10日、シャンティ国際ボランティア会 東京事務所の地下会議室にて、ラオス事務所の活動報告会を行いました。2014年から開始した「ラオスの少数民族の子どもたちのための就学前・初等教育における指導能力改善事業」を当初から担当してきたラオス事務所 所長の加瀬が、ラオスの子どもたちを...

  • 托鉢③

    托鉢・お布施から見る仏教の心

    2017.10.12  ラオス

    サバイディー(ラオス語でこんにちは) ラオス事務所の半田です。 先日、朝早起きをしてルアンパバーン市内に行きました。 その目的は、 托鉢。 托鉢とは、僧侶が鉢(お椀のようなもの)を手に持って外を回り、 お金や食料などをいただく行為のことです。 ルアンパバーンでは朝の日が...

  • Photo 29-09-2017, 12 25 06

    ラオス事務所から出版された絵本のおすすめ①

    2017.9.30  ラオス

    サバイディー(ラオス語でこんにちは) ラオス事務所の半田です。 先日、ラオス事務所が出版した絵本に目を通す機会がありました。 私、半田が勝手に選んだおすすめの絵本を紹介いたします。 白鳥とカメ(2012年出版) ---------------------------------...