What we do / シャンティの活動内容

海外での活動

  1. ホーム
  2. 活動内容
  3. 海外での活動
  4. ラオス

Laos / ラオス

タイ国内にあったバンビナイ・ラオス難民キャンプで図書館活動や印刷出版事業を行いました。難民キャンプの閉鎖と難民の帰還に伴い、1992年にラオス国内に事務所を開設しました。

ラオスでの活動を詳しく見る

ラオスの歴史と教育問題

1975年の社会主義革命時、旧王国時代の知識層の多くが海外流出し、大量の図書も処分されました。ラオスの出版文化は遅々として進んでおらず、年間の出版件数も限られたものになっています。女子や少数民族など教育の格差も深刻な問題です。

詳しくはこちら

これまでの活動

活動開始当初は電気がなくても印刷ができる謄写版の普及に取り組んでいました。現在は、図書館と読書推進事業と学校教育支援事業を行っています。

詳しくはこちら

スタッフ紹介

ラオス事務所で働くスタッフを紹介いたします。

詳しくはこちら

ラオスからのありがとう

子どもの声や先生方の声をお届けします。

詳しくはこちら

ラオスに関するブログ記事はこちら

  • ルアンパバーンの朝市の風景

    ラオス人の生活に欠かせない飲み物「ビアラオ(Beer Lao)」とは⁉

    2019.5.18  ラオス /   

    こんにちは/サバイディー(ラオス語で“こんにちは”の意味)。 5月8日からラオスのルアンパバーン事務所にて勤務していますインターンの木村です。これから約11か月間の期間、多くのことを学び、活動に貢献していきたいと思います。よろしくお願いいたします。 ルアンパバーンは、ラオス北部に位置する...

  • IMG_2955

    複式学級講師養成講座実施

    2019.5.6  ラオス

    皆様、こんにちは。ラオス事務所の玉利です。 10連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。 ラオス事務所では、4月29日から5月4日まで、複式学級運営の講師養成講座を実施しました。これは、ラオス北部にある3ヶ所の教員養成校教官7名が分担して講師を担当し、事業対象であるルアンババーン県2郡の教育・...

  • IMG_3949

    ラオスが教えてくれたこと

    2019.4.14  スタッフの声 ラオス

    「ラオスの複式授業の質の改善に携わりたい」そう思って、ラオスの地に降り立ち、早11カ月が経ち、4月末でインターンの任期を終えます。 ラオスは、2008年にニューヨークタイムズで「世界で最も訪れたい国No.1」に選ばれるほど、とっても魅了的な国。 11カ月住んだ私も、ラオスは魅力であふれて...