シャンティブログ

  1. ホーム
  2. シャンティブログ
  3. サクサク魚チップスで生活を立て直す

サクサク魚チップスで生活を立て直す

2019.6.7   寄付募集中緊急救援

Selamat siang! 事業サポート課の永井です。

現在、シャンティでは昨年9月に発生したインドネシア、スラウェシ島地震の被災女性を対象に生計回復支援事業を行っています。この事業では、女性グループごとに身近な食材を使って、コーヒーやココナッツオイルといった加工食品を製造・販売することで収入を得て、復興のための基盤を作ることを目指しています。

インドネシアにも日本のおせんべいに似たお菓子があるのをご存知ですか?

 
魚チップス

これがインドネシアで作られている魚チップスです。食べるとサクサクと軽い食感で、魚のうま味と複数のスパイスを使った香ばしい香りが口の中に広がります。

本事業では、海沿いの村に暮らす被災女性たちが、魚チップスを製造しています。シャンティが資機材を供与し、製造方法や衛生管理などのトレーニングを実施しました。

魚チップスのレシピ公開!

魚チップスの材料は、小麦粉、魚、にんにく、玉ねぎ、塩、スパイスなどです。

魚チップスの材料を切る

魚チップスの材料を切っている様子

1. ニンニクや玉ねぎ、魚を小さく切り、ミキサーにかけます。
2. 次に、小麦粉を水で溶いて、練ります。
3.練った小麦粉の中に、ミキサーにかけた1の材料とスパイスを入れて、よく混ぜます。

材料を混ぜる

4.練った材料を、5㎝大ほどのクッキーのように薄くチップスの形にして分け、くっつかないように並べます。
5.並べたチップスを2~3日天日干しにします。
6.天日干しにより薄く固くなったチップスを、熱した油に入れると…………

魚チップスを揚げるリズさん

魚チップスを作る女性グループのメンバー、リズさん

7.一瞬でぷくーっとふくれて、2倍ほどの大きさになります!
香ばしい魚チップスの完成です!

4. Tompe Crispy fish 逕溽肇豢サ蜍・2)

活動に参加した女性たちの変化

上の写真で魚チップスを揚げているリズさんは、2人の子どもを育てているお母さんです。

リズさんは、「震災前は小さな商売をしていましたが、災害によって、仕事を失い、自宅も壊れました。収入を回復させたいです。この事業に参加したことで、自分のスキルを高め、新たな経験をすることができました。研修では、マーケティングと衛生管理が難しいと思いましたが、これからもアドバイスをもらいながら活動を続けていきたいです。この活動によって、まだ大きな収入を得られるようになったわけではありませんが、すでに日々の食費をまかなうことができるようになりました。魚チップスを販売することで、いずれ経済的に自立し、自分の収入から家族を養っていきたいと思います。家族も私が活動に参加することに賛同し、支えてくれています。できれば、もっと投資をして、製造する加工食品の数を増やしたり、効果的なマーケティングや商品の宣伝を行ったりしたいと思います。」と話していました。

魚の加工食品製造グループメンバー

魚の加工食品製造グループメンバー

女性たちが、この活動に参加することを家族も喜んでいます。ある女性の夫は、「災害前もラマダン(約1か月間、日中の飲食が禁じられ、日が沈んでから食事をするイスラム教の決まり)の時だけ、夜に食事を持ち帰って食べる人向けに、妻やその友人たちは、手作りの総菜やお弁当を売っていました。この活動に参加してからは、ラマダンではないときも彼女は仲間たちと働くことができ、生き生きとしているので、私も嬉しいです。」

小さな魚チップスと大きな復興

魚チップスを生産しているのは、ドンガラ郡の海沿いの村です。ドンガラ郡は、昨年9月の震災の震源地であり、海沿いの町には3mを越える大きな津波が襲いました。この写真のように現地は、いまだがれきが散乱した状態です。

津波被害地域の様子

魚チップスを生産している村の様子(2019年4月撮影)

家族や友人を失った女性。仕事を失い、津波で農地や船が使えなくなり、家族や自分の収入が激減した女性。自宅が壊れ、テントや仮設住宅で暮らす女性。失ったものはあまりにも大きく計り知れません。しかし、現地の女性たちは今、こんなに薄くて軽いサクサクの魚チップスを出発点として、生活を立て直そうとしています。

「千里の道も一歩から」小さな魚チップスを礎に、大きな復興を目指している女性たちへのご支援にご協力をお願いいたします。宜しくお願い致します。

小さな魚チップス

現在実施中の事業は、ジャパン・プラットフォーム(JPF)の助成と皆様のご支援を受けて実施しております。

「インドネシア地震 緊急募金」受付中

郵便振替: 00150-9-61724
加入者名: 公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
*払込取扱票の通信欄に「インドネシア地震」と明記して下さい
*備考の枠に「免」と明記して下さい(窓口で手続きした場合、払込手数料が免除されます)

今すぐ寄付する

インドネシア地震 関連ページ

■プレスリリース

【03/28】被災女性の生計回復支援事業 -復興を目指す女性の自立を支援しています-

■インドネシア地震 関連記事

シャンティブログ「インドネシア地震」

  • 絵本を届ける運動
  • アジアの図書館サポーター
  • 本の力を、生きる力に。